ニューヨークの検察官が、Solanaベースの取引所への900万ドルの攻撃を行ったハッカーを告発

ニューヨークの検察官が、Solanaベースの取引所への900万ドルの攻撃を行ったハッカーを告発しました

国際的なテクノロジーファームの元セキュリティエンジニアが逮捕され、スマートコントラクトのバグを利用してSolanaベースの分散型暗号通貨取引所から900万ドルの暗号通貨を盗んだとして起訴されました。

6月11日、ニューヨーク南部地区のアメリカ合衆国検事ダミアン・ウィリアムズが、分散型取引所(DEX)が運営するスマートコントラクトへの攻撃を巡る「初の刑事事件」を発表しました。

ウィリアムズは声明の中で、被告であるシャキーブ・アフメドは「自身の専門知識を利用して取引所とそのユーザーを詐欺し、約900万ドルの暗号通貨を盗んだ」と主張しています。

アメリカ合衆国検事ダミアン・ウィリアムズが、分散型暗号通貨取引所のスマートコントラクトへの攻撃を巡る「初の刑事事件」を発表しました。@SDNYnews 2023年7月11日

ウィリアムズによれば、この攻撃は2022年7月に行われ、SolanaベースのDEXを標的としていました。

この攻撃は、フラッシュローンを使用して取引所のスマートコントラクトの脆弱性を悪用し、インフレーションが起きた手数料を生成することで行われました。

その後、これらの手数料は引き出され、ブロックチェーン上での「一連の複雑なトランスファー」を経て洗浄され、暗号通貨のスワップや異なる暗号通貨ブロックチェーン間での移動、海外の暗号通貨取引所の使用が行われました。

ウィリアムズは7月に悪用されたDEXの詳細を公表していませんが、Cointelegraphの以前の報道によれば、2022年7月2日にSolanaベースの流動性プロトコルCrema Financeが未知のハッカーによって悪用され、900万ドルの暗号通貨が盗まれたとされています。

その後、ハッカーはほとんどの資金を返却し、160万ドルをホワイトハットバウンティとして許可されました。

同様に、ウィリアムズの声明では、アフメドは盗まれた資金の全額を返却することを決めましたが、暗号通貨取引所が攻撃を法執行機関に通報しない条件で150万ドルを返却しないことも述べています。

「これらの行動は、被告の足跡を隠し、法執行機関を欺くことはなく、私のオフィスや我々の法執行パートナーが資金の流れを辿ることを止めることはありませんでした」と彼は述べています。

アフメドはニューヨークで逮捕され、2022年7月のSolanaベースのDEXへの攻撃に関連するワイヤーフラウドおよびマネーロンダリングの容疑で起訴されています。

CointelegraphはCrema Financeに明確化のために連絡を取りましたが、即座の回答は得られませんでした。

関連記事: 2023年第2四半期に暗号通貨ハッキングと攻撃で3億ドル以上を奪われる

最近のニュースに対して、暗号通貨およびスタートアップの弁護士の「Orlando.btc」は、この動きが全体的なDeFiエコシステムにとって良い影響を与えるかもしれないとコメントしています。

起訴状は、司法省が「意図しない方法でプロトコルを使用する人物に対して刑事訴追を行う」と示しています。

1/ 本日、米国ニューヨーク南部地区検事総長事務所は、@solanaのDEXを悪用した犯罪行為についての刑事訴追を発表しました。他の仮想通貨にはどのような影響があるのでしょうか?お気に入りのスタートアップ創業者兼暗号通貨弁護士が起訴状を読んだので、あなたは読む必要はありません。詳しく見ていきましょう。 2023年7月11日

雑誌: 仮想通貨プロジェクトはハッカーと交渉するべきか?おそらく