ニュージーランドの仮想通貨取引所Dasset、自主的な清算を開始し、顧客の資産が凍結される

ニュージーランドの仮想通貨取引所Dassetが自主的な清算を開始し、顧客の資産が凍結されました

出典:Pexels / Travis Saylor

オークランドに拠点を置く仮想通貨取引所Dassetが、多数の顧客が資産にアクセスできなくなり、清算手続きに入ったと報じられています。

現地メディアThe Heraldによると、顧客は自分たちの閉じ込められた資金にアクセスできるようになることを切望しており、同社はその要請に反応していません。

オンライングループに参加しているDassetの激怒した顧客約16人は、自分たちの資産がNZ$3000からNZ$40,000にわたりロックされていると証言し、一部の顧客は数ヶ月間引き出しを試みているとさえ述べています。

同社のCEOであるスティーブン・マカスキルによると、この取引所は1月以来、置き換え銀行を持っていないとのことで、元々の提供者がサービスを停止したためです。

「Dassetは1月以来、安定した銀行を持っていません。銀行は仮想通貨業界を好まないです。Dassetは自主的な清算手続きに入りました。」

Dassetの株主たちは、8月7日に非公開の会議を開きましたが、マカスキルは株主の質問に答えることができませんでした。関係者によると、清算手続きを行うために自主的な清算人の任命が決議されたとのことです。

取引所はまだ清算に関する情報をウェブサイトやソーシャルメディアページで更新しておらず、ユーザーはDassetで新しいアカウントを開設することができます。

清算人はDassetの資産の保護に集中

監査会社であるGrant Thorntonニュージーランドのデビッド・ラスコーとラッセル・ムーアが、Dassetの清算人に任命されました。清算人によれば、彼らの「即時の焦点」はDassetの資産の保護と確保にあります。

Grant Thorntonは、Dassetの資産価値と取引レベルが大幅に減少し、収益性への影響が出ているとウェブサイトで述べています。しかし、ムーアは資産の確保プロセスが「複雑」であると述べています。

「関係する第三者が関与しており、約100種類の異なるデジタル資産があります。私たちは経営陣や第三者と協力して、問題をできるだけ早く解決し、進捗状況を全ての関係者に定期的に報告します。」

Grant Thorntonは、数日以内に全ての顧客やサプライヤーに任命について連絡する予定です。