トデックスのCEOが税務書類の提出を怠ったため、トルコの刑務所に収監されました

トデックスのCEOが税務書類の提出を怠り、トルコの刑務所に収監されました

トルコの仮想通貨取引所Thodexの創設者兼元CEOであるファルク・ファティ・エゼルは、トライアル中に要求された文書を提出しなかったことで、7ヶ月15日の懲役刑を受けました。エゼルはトルコで逮捕されてから3ヶ月後にこの判決を受けました。

Thodexはかつてトルコで最大の仮想通貨取引所の1つでしたが、突然閉鎖され、エゼルはアルバニアに逃亡しました。インターポールによる赤い通報を受け、エゼルはトルコに送還され、投資家たちの約20億ドル相当の仮想通貨に対する責任を問われることとなりました。

エゼルは2021年10月30日以来のトライアル中、無実を主張していましたが、税務監査局に要求された文書を提出できませんでした。彼は当時のThodexの公式ではなかったと主張し、要求された帳簿を提示することができませんでした。彼はさらに、その期間中にビジネスを代理で運営するために信託管理人が任命されていたと主張しました。

ÖNEMLİ DUYURU pic.twitter.com/3aBeJjFSYQ

— THODEX (@thodexofficial) April 22, 2021

ヒュリエット・デイリーニュースによると、エゼルの検察官は税務手続き法に基づく「密輸」の容疑で5年の懲役を求刑しました。初めに裁判所はこの仮想通貨起業家に1年6ヶ月の懲役を言い渡しましたが、後に7ヶ月15日に減刑されました。減刑の理由には、エゼルの社会的関係、そしてトライアル中の全体的な行動と態度が含まれています。

税務関連の告発に加えて、エゼルはThodexの投資家を欺いたとして告発され、その主張についての審理を待っています。この起業家は依然として被告たちによって陥れられたと主張し、これらの告発を否定しています。

関連記事: トルコ、オンライン公共サービスにブロックチェーンベースのデジタルアイデンティティを使用

スウェーデンの仮想通貨税金会社Divlyの最近の調査によると、2022年における仮想通貨投資家の99.5%は税金を支払っていないという結果が示されています。

Crypto investors' tax payment rates in 2022. Source: Divly

この報告書によれば、2022年においてはフィンランドが4.09%の割合で必要な税金を支払った仮想通貨投資家が最も多く、オーストラリアが3.65%で続いています。

ただし、この見積もりに至る方法論は疑問視されており、報告書は検索ボリュームデータが実際の仮想通貨納税者の数を正確に反映していない可能性があると指摘しています。すべての納税者がオンラインで仮想通貨の納税に関する情報を検索するわけではないためです。

この記事をNFTとして保存し、仮想通貨の分野における独立したジャーナリズムをサポートしましょう。