億万長者投資家のティム・ドレイパー氏は、ビットコインに対して依然として楽観的であり、将来的には価格が25万ドルに達すると予測しています以下にタイムラインを示します

ティム・ドレイパー氏はビットコインに対して依然として楽観的であり、将来的には価格が25万ドルに達すると予測しています

出典:Diarmuid Greene/Web Summit via Sportsfile

億万長者のベンチャーキャピタリスト、ティム・ドラパー氏は、ビットコイン(BTC)の価格予測を1コインあたり25万ドルに据え置いていますが、2025年にまで先送りしました。

先月末にドラパー氏がツイートしたところによれば、「ビットコインが4000ドルの時点で、私は今や250,000ドル(60倍)まで上昇すると予測しました」とのことです。当時の価格は約30,400ドルであり、その後もほぼ横ばいの状態が続いています。「もう少し待たなければならないかもしれません(おそらく2年ほど)、しかしエンジニアたちは一生懸命働いています」と彼は付け加えました。

ドラパー氏は火曜日のBloombergのインタビューで、初めての予測をした当時、「アメリカの官僚制度」からの暴力的な反応を予想していなかったと説明しました。「彼らが世界と競争しなければならないことを認識するだろうと思っていました」と彼は述べました。

仮想通貨のリーダーたちは、アメリカが他の管轄区域と比較して業界に関する明確なルールと規制を確立していないことに不満を表明してきました。ブロックチェーンを支持する政治家たちは、アメリカ証券取引委員会(SEC)が「執行による規制」の手法を業界に対して使用していることについて批判しており、さまざまな仮想通貨企業に対して「法を破った」として訴訟を起こしているにもかかわらず、その企業がどの法律を破っているのかがわからないままです。ドラパー氏によれば、この手法は「優れた起業家たちを追い出している」ため、それがビットコインの価格にも影響を与えているとのことです。

6月にはバイナンスやコインベースなどの主要な仮想通貨取引所がSECによって訴えられ、証券法に違反したとされるさまざまなトークンの価値が下落しました。バイナンスのネイティブトークンであるBNBは、訴訟前から14%下落しており、Cardano(ADA)は約15%下落しています。

ビットコインは各訴訟後に一時的な下落を経験しましたが、その後30,700ドルまで上昇し、先月から18%上昇しました。また、他の仮想通貨市場に対するビットコインの優位性も50%を上回る2年ぶりの高値に達しました。マイクロストラテジーのエグゼクティブチェアマンであるマイケル・セイラー氏を含む一部のビットコインの支持者は、規制は資産にとって長期的には好意的であると主張しており、それによって投資家が資本をアルトコインから主要な暗号通貨に再投資することを促すと述べています。「次の論理的なステップは、ビットコインがここから10倍になり、さらに10倍になることです」と彼はBloombergのインタビューで述べました。

ビットコインは存続するとドラパー氏が述べる

ドラパー氏は長期的にはビットコインが「存続する」と述べ、将来的にはBTCを日常通貨として使用できる世界を予期しています。彼は次のように述べました。「ビットコインで資金を調達し、すべてビットコインで投資し、ポートフォリオ企業にはビットコインで支払いを受け、税金もビットコインで支払い、すべての分配も人々のビットコインウォレットに入るようになるまで楽しみにしています」

ドラパー氏はさらに、ビットコインが価値上昇するまで保有し、その後は資産を「ウォールドガーデン」に保つ企業に投資することを望んでいるとTwitterで明らかにしました。「その後、もっとビットコインを増やしたいと思っています」と彼は述べています。