セルシウス事件が米国の暗号通貨規制の議論にどのように関与しているのか

セルシウス事件は米国の暗号通貨規制の議論にどのように関与しているか

セルシウスの創設者であるアレックス・マシンスキー氏の劇的な逮捕は、既に激しい議論が続いている暗号通貨の扱いと、バイナンスやコインベースなどの企業を規制するために100年前の法律が十分かどうかに関して、更なる燃料を投下しました。

連邦規制機関による複数の行動は、証券取引委員会(SEC)の暗号通貨に対する主張権が司法的な圧力を受ける中、立法者や規制当局がセクターに必要な新しい立法があるかどうかで争っている最中に行われました。

マシンスキー氏は、セルシウスの最高経営責任者でありましたが、一年前の今日、破産を申請した後にそのポジションを辞任しました。彼はワイヤー詐欺および証券詐欺の罪状、およびセルシウスのトークンCELの価格操作に関与した罪状について無罪を主張し、弁護士はCoinDeskに対して彼が「断固として」告発を否認していると述べました。

このニュースは、ニューヨークの裁判所が同日、XRPトークンが取引所でアルゴリズムに基づいて売買された際に投資契約ではなく、したがって証券法の適用範囲には含まれないとの判断を下した日と重なります。これは、SECがCoinbase、Binance、Bittrexなどに対して行った一連の訴訟に影響を与える可能性があります。SECは、ソラナ(SOL)、ポリゴン(MATIC)、カルダノ(ADA)など、これらのプラットフォームで取引されるトークンが自身の管轄下にあると主張しています。

また、連邦議会の議員たちは、デジタル資産に適合するために再び法律を改定しようとし、シンシア・ラマス上院議員(共和党、ワイオミング州)とカーステン・ジリブランド上院議員(民主党、ニューヨーク州)による両党派の法案が、商品先物取引委員会(CFTC)に追加の暗号通貨権限を与えることに焦点を当てています。

CEL対XRP

マシンスキー氏は以前、セルシウスのケースをリップルのケースとは異なるものとして区別しようとしており、CELはSECに登録されていると主張しています。実際には、彼は、トークンが認定を受けた経済知識のある投資家だけによって使用されると主張して登録の免除を求めたようです。

これはケース間の唯一の違いではありません。リップルはXRPとは正式には別でありますが、マシンスキー氏は自身のトークンとの関連性についてそこまで注意を払っていなかったかもしれません。SECの提出書によれば、「マシンスキー氏は内部メッセージで『セルシウスの株式と同じようにCELについて話すことができるようにしたい』と書いており、その後、セルシウスの後、彼はCELの第2位の保有者であった」と主張しています。

SECは、セルシウスと他のケースの間には違いがあると認めているようです。同機関は、セルシウスがCELを証券として提供および販売したと述べていますが、そのトークンが正しく登録されたか免除されたかを明示的には述べていません。SECは、別の提供物である利益を得るプログラムの登録を怠ったセルシウスに対しても批判的であり、同プログラムでは投資家に対して最大17%の利率を提供したと述べています。SECはこのプログラムも証券としてみなしています。

CoinDeskはCELの状況についてSECにコメントを求めましたが、即座の回答は得られませんでした。

新しい法律?

SECは、暗号通貨企業については既存の投資家保護を目的としたルールが既に適用されると強調しています。SECの執行ディレクターであるガービル・グリワル氏は、木曜日に記者に対して、現行の法律が明確であり、バイナンス、Bittrex、Coinbase、リップルがそれに従っていないと主張していると述べ、「ここでの不正行為は、暗号通貨市場参加者が証券法に適合する必要性を再度示しています」と述べました。

これはSECが取るのに予想される立場です。同機関の現行の法的なケースは、現行の法律が明確であり、バイナンス、Bittrex、Coinbase、リップルが従っていないと主張することに依存しています。

一方、競合する公務員たちは異なる強調を置いています。

CFTCは、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、USDC、テザーなどの大規模な暗号通貨が米国の法律において商品であると考えており、マシンスキー氏とセルシウスが商品プール事業に関連して登録されるべきだったと述べています。しかし、CFTCの公式は現状の法的な状況には満足しておらず、セルシウスの事件は変革の必要性を強調しています。

「私は委員会(CFTC)が事後に詐欺を追及する能力を持っていることを喜んでいます」とCFTC委員クリスティン・N・ジョンソンは木曜日の声明で述べていますが、「デジタル資産に対する明確な規制フレームワークの欠如が、この詐欺を栄えさせた」とも付け加え、さらなる例の存在から、「顧客と一般市民は、最初からこのような詐欺を防げる包括的な規制体制によってより良く保護されるだろう」と述べ、デジタル資産に対する「明確で堅牢な規制体制」の必要性を再確認しました。

詳細はこちらをご覧ください: Alex Mashinsky Built Celsius Into a House of Cards

サンダリ・ハンダガマによる編集。