「ジェミニは昨年、顧客保護のためにジェネシスから2億8200万ドル相当のユーザーの資金を引き出しました」

ジェミニは昨年、ジェネシスから2億8200万ドル相当のユーザーの資金を引き出しました

  • Geminiは、ニューヨークポストの記事に対して反応し、Winklevoss兄弟が去年の8月に暗号通貨貸し手のGenesisから2億8200万ドルを引き出したと主張している。
  • 取引所はX上での回答を投稿し、この記事を「誤解を招くものであり、純粋なファンタジー」と表現した。
  • Geminiは、TerraUSDステーブルコインの崩壊など、2022年の夏の市場の混乱に対応するため、流動性準備を増やすことを選択したと述べた。

仮想通貨取引所のGeminiは、昨年8月にGenesis Global Capitalから自社の流動性準備として利用者の資金2億8200万ドルを引き出したと述べ、ニューヨークポストの記事に対して声明を発表しました。

記事では、Geminiの創設者であるCameronとTyler Winklevossが、「企業の資金であるか、個人の資金であるかにかかわらず、2億8000万ドル以上を引き出した」と、ポストが引用した情報源によって主張されていました。

Geminiは、ソーシャルメディアプラットフォームX(旧Twitter)に回答を投稿し、この記事を「誤解を招くものであり、純粋なファンタジー」と表現しました。

「ポストが記事で主張していることはまったく逆です」と同社は述べています。「2022年8月にGenesisから引き出された2億8200万ドルは、実際には利用者の資金でした。」

Geminiは、TerraUSDステーブルコインの崩壊など、2022年の夏の市場の混乱に対応するため、流動性準備を増やすことを選択したと述べました。

「リスク管理の結果、Geminiの利用者は、2022年11月16日にGenesisが償還を停止した時点で、Genesisに対する2億8200万ドルの負債を減らすことができました」とGeminiは追加しました。

Digital Currency Group(CoinDeskの親会社でもある)が所有するGenesisは、昨年11月に暗号通貨取引所FTXが急激に崩壊したため、顧客の出金を一時停止し、Geminiの利用者の資産を凍結しました。同社は2023年1月に破産を申請しました。

今月早く、Geminiは、Genesisの提案された破産計画によって、顧客が「実際の価値に近いもの」を得ることはないと主張しました。

続きを読む: 債権者がGenesisを1750万ドルのFTX取引での不正投票で非難

Aoyon Ashrafによる編集。