「ジェミニは11月中旬までにオランダでの運営を停止する」

ジェミニ、オランダでの運営停止予定

ニューヨークを拠点とする仮想通貨取引所のGeminiが、仮想通貨の巨大企業であるBinanceの後に、オランダからの撤退を決定しました。同社は規制当局の要件を満たせないと述べていますが、オランダ市場への復帰を意図していると述べています。

9月26日にオランダのユーザーに宛てた手紙で、Geminiは11月17日までにオランダの仮想通貨取引所に対するオランダ銀行(DNB)による要件により、プラットフォームの運営を一時停止するため、資産を引き出すか別のウォレットアドレスに移すよう要請しています。手紙には以下のように記載されています:

「2023年11月17日までに、Geminiアカウントを空にすること、アカウントに残高がないことをご確認いただきますようお願いいたします。」

Geminiは、ユーザーに対して、DNBに登録されている地元の仮想通貨取引所であるBitvavoに資金を移すことを提案しています。2018年に設立されたアムステルダム拠点のBitvavoは、オランダビットコイン協会のメンバーです。

関連記事: Binanceはまだフランスで銀行パートナーを見つけるのに苦戦しています

Geminiは、新しい仮想通貨資産に関する規則である「マーケットインクリプトアセット(MiCA)」に従って、ビジネスを「完全にコンプライアンス可能」にすることで、オランダ市場に復帰する意向を示しています。

2023年の夏、Geminiの世界的競争相手であるBinanceも、DNBの許可を得ることができなかったため、オランダでの運営を停止しました。当時、DNBの広報担当者であるTobias Oudejans氏はCointelegraphに対して、MiCAのコンプライアンスを通じてオランダ市場に復帰することは合理的であると述べました。MiCAは、欧州連合の仮想通貨企業に対する要件を統一するものです:

「MiCAがオランダでどのように実施されるかはまだ明確ではありませんが、WWFTとは異なる法律になる可能性があり、他のEU加盟国からの登録済みエンティティによるオランダ市場へのアクセスがあるかもしれません。」

現在、37の仮想資産プロバイダーがDNBに登録されており、eToro、Coinbase、Crypto.com、BitPayなどが含まれています。