シンガポールの投資コングロマリットであるテマセクは、規制上の不確実性を理由に、暗号通貨への投資計画を撤回しました

シンガポールのテマセクは、規制上の不確実性を理由に暗号通貨への投資計画を撤回しました

出典: Pexels / Kin Pastor

シンガポールの投資コングロマリット、テマセクは、規制上の不確実性を理由に、暗号通貨取引所への投資計画を断念することを決定しました。

CNBCのインタビューで、テマセクの最高投資責任者であるロヒット・シパヒマラニ氏は、現在破産した暗号通貨取引所FTXへの2億7500万ドルの投資を全額償却した経験を明かしました。

このため、規制や市場状況が不明瞭なままでは、テマセクは現在、暗号通貨関連企業への投資を検討していないと述べています。

「この環境では、規制上の不確実性が非常に高いです。このような規制上の不確実性の中で、我々が別の投資や取引所に投資するのは非常に困難だと思います。」

彼の発言は、米国のSECがバイナンスやコインベースなどの主要な暗号通貨企業に対して取り締まりや法的措置を取り続けている中で行われました。シパヒマラニ氏は、「現在の状況を考えると」と述べ、同社は取引所への投資には快適ではないと指摘しました。

テマセクは長い間、直接的に仮想通貨への投資を控えてきました。代わりに同社は、仮想通貨サービスプロバイダーを支援することを決定しました。しかし、FTXという現在は廃業した企業への不成功な投資は、シンガポールの国営投資家の評判を損ないました。

シパヒマラニ氏は、FTXへの投資はテマセクの初期戦略の一環であり、「新しい破壊的技術を見つけ、将来の展望を探るために」行われたものだと説明しました。

「当時、FTXは優れた技術を持ち、市場シェアを拡大していると思われました」と彼は付け加えました。「明らかに、そこで詐欺の状況が発生したことに非常に失望しています。」

彼はさらに、同社はこの経験から学んだと述べましたが、仮想通貨企業への投資には一定のリスクが伴うと、日本経済新聞の報道によって指摘されています。

「いくらデューデリジェンスを行っても、詐欺を常に発見することは不可能です。」

ただし、テマセクは完全に仮想通貨関連企業への投資に反対しているわけではありません。彼は、「適切な規制枠組みがあり、私たちがそれに快適であり、適切な投資機会がある場合、私たちがそれを検討しない理由はありません。」と述べています。

テマセクは7月11日に、過去7年間で最悪の収益を記録し、マクロ経済的な課題や地政学的な挑戦などの要因によって引き起こされました。