シンガポールがステーブルコインのフレームワークをまとめる:グローバルな普及への道筋?

シンガポールがステーブルコインのフレームワークをまとめる

シンガポール金融管理庁(MAS)は、国内のステーブルコインの高度な安定性を確保するための新しい規制枠組みの特徴を発表しました。これは、2022年10月に開始された中央銀行の公開協議の結果です。

この公開協議からのフィードバックは、シンガポールの新しいステーブルコインのルールの設計において考慮されました。MASによれば、これらのルールは、シンガポールドルまたは任意のG10通貨(米ドルを含む)にペッグされた単一通貨ステーブルコイン(SCS)に適用されます。

MAS、シンガポールのステーブルコイン発行者に対する「主要な要件」を発表

8月15日火曜日に公開されたメディアリリースで、シンガポール金融管理庁は、国内の単一通貨ステーブルコインの発行者に対する主要な要件を概説しました。ステーブルコインの新しい規制枠組みは、価値の安定性、基本資本、償還期間、開示に関するさまざまな規定で構成されています。

関連記事:規制の欠如によるPaypalステーブルコインへの懸念を米国議員が提起

中央銀行は、ステーブルコインの準備資産は、その構成、評価、保管、監査に関する要件に従う必要があり、価値の安定性に対する高い保証を提供すると述べています。

一方、発行者は、破産リスクを低減するために、最低限の基本資本と流動性資産を維持する必要があります。これはまた、必要な場合には「秩序正しい解散」を容易にするためです。

さらに、シンガポールのSCS発行者は、償還請求が提出された後の5営業日以内にステーブルコインの相当価値を保有者に返金する必要があります。

最後に、シンガポール金融管理庁は、すべてのステーブルコイン企業に適切な開示を提供するよう命じています。顧客に開示される情報の一部には、SCSの価値安定化メカニズム、SCS保有者の権利、および準備資産の監査結果が含まれます。

MASは、この新しい規制枠組みのすべての要件を満たす発行者のみが「MAS規制のステーブルコイン」として認識されるために申請できると指摘しています。

ただし、金融規制当局は、発行者に対して、MAS規制のステーブルコインとして自分たちのトークンを誤って表示することを警告し、修正されたステーブルコイン規制枠組みにおける罰金の対象となる可能性があると述べています。

MASのステーブルコイン規制枠組み-グローバルな採用に向けた前向きな兆候?

プレスリリースでは、MASはステーブルコインを、指定された一つ以上の法定通貨に対して一定の価値を維持するために設計されたデジタルペイメントトークンと定義しました。「このような価値の安定性を保つために適切に規制されると、ステーブルコインは信頼できる交換手段としての役割を果たし、デジタル資産のオンチェーンでの購入と売却を含むイノベーションを支援できる」と追加しています。

一方、MASの副専務取締役であるホ・ヘルンシン氏は、この発展に対して次のようにコメントしました。

MASのステーブルコイン規制枠組みは、ステーブルコインを信頼できるデジタル交換手段および法定通貨とデジタル資産のエコシステムとの橋渡しとして活用することを目指しています。ステーブルコインを「MAS規制のステーブルコイン」として認識してもらいたいSCS発行者は、コンプライアンスのために早期に準備をすることをお勧めします。

これらの声明を考慮すると、この新しい規制枠組みは、ステーブルコインを信頼できる支払い手段としての利用に対してシンガポール当局の前向きな姿勢を示しています。さらに、ステーブルコイン企業が国内で運営するために必要な明確さを提供することが期待されています。

ステーブルコイン規制に関して、シンガポールだけでなく他の国々も前向きな進展を遂げていることも言及しておきたいと思います。米国でもこれらのデジタルペイメントトークンの規制について議論が行われています。

関連記事:PaypalのPYUSDはTetherのUSDTのようにウォレットで凍結される可能性がありますか?

米国下院金融サービス委員会は最近、「支払いステーブルコインの明確化」と題された法案を可決しました。この提案された法案が可決されれば、米国での支払いステーブルコインの発行と使用が規制されることになります。

仮想通貨の総市場規模は1兆1500億ドル | 出典:TradingViewのdaily TOTALチャート