「連邦準備制度理事会の金利引き上げは、米国の銀行の倒産を引き起こす可能性がある」と、シャークタンクのケビン・オレアリー氏が述べました

シャークタンクのケビン・オレアリー氏は、「連邦準備制度理事会の金利引き上げは、米国の銀行の倒産を引き起こす可能性がある」と述べました

人気のあるシャークタンクの投資家であるケビン・オリアリー(Kevin O’Leary)は、インフレーション対策として行われている連邦準備制度(Federal Reserve)の緊縮サイクルについて警告を発しています。オリアリーによれば、連邦準備制度の連続的な利上げは、アメリカの銀行の破綻を引き起こす可能性があります。

CNBCのStreet Signs Asiaに対して発言したオリアリーは、利上げによって地方銀行が崩壊する可能性があると述べ、その状況が危険になると指摘しました。なぜなら、これらの銀行がアメリカ経済の60%を支えているからです。最近の利上げについてオリアリーは次のように述べました:

「歯磨き粉チューブを絞り続け、丸め続け、金利を上げ続けると、何かが壊れることは分かるけど、いつどこで起こるかは分からないんだよ。」

先週、連邦準備制度はインフレーションとの戦いに対応するために、利上げを25ベーシスポイント行いました。最新の利上げにより、現在の金利は5.25%から5.50%の範囲になりました。中間点は2001年以来の最高のアメリカの金利です。

2023年だけで、連邦準備制度は4回の利上げを行いました。昨年、連邦公開市場委員会(FOMC)は3年以上ぶりの利上げを3月17日に開始しました。2022年末までに、連邦準備制度は7回の利上げを行いました。

将来の利上げ予測が銀行破綻の警告を裏付ける

先週の利上げに続いて、連邦準備制度のパウエル議長は、9月に予定されている次のFOMC会合後にさらなる利上げの可能性を示唆しました。パウエル議長は、金利が目標の2%から離れすぎているため、さらなる利上げが必要かもしれないと述べましたが、経済データによっては次の会議で金利を据え置くことも選択するかもしれないと保証しました。

オリアリーは、アメリカの銀行業界での出来事が進展するまで投資家に90日間待つように勧めており、可能性としてはクラッシュが起こると予測しています。オリアリーはまた、連邦準備制度が6.25%または6.50%まで利上げを続ける可能性もあると述べました。

この予測は、年末までの金利上昇に関する以前の予測と一致しています。世界最大の資産運用会社BlackRockの幹部によると、連邦準備制度が金利を6%まで引き上げる可能性があるとのことです。同社のグローバル固定収益部門の最高投資責任者であるリック・リーダー氏は、2%近くまでインフレが下がるまで連邦準備制度が金利を「長期間」維持すると述べています。

また、2月には、ウォールストリートのトレーダーたちが連邦準備制度が9月に金利を6%まで引き上げると賭けていたことがCoinspeakerによって報じられました。1人のトレーダーは約1800万ドルの賭けを行い、予測が的中すると最大135ドルを手にすることができます。同じ月に、BofA Global Researchも同様の予測を行いました。あるノートによれば、総需要が大幅に減少しなければ、インフレが連邦準備制度の目標に達するまでインフレとの戦いが長引く可能性があると研究者たちは述べています。