「サム・バンクマン・フリードは裁判を経るまで拘留され続けることが裁判所により決定されましたその理由を以下に説明します」

サム・バンクマン・フリードは裁判所により拘留され、その理由を以下で説明します

2023年9月28日(木曜日)に行われた裁判の中で、裁判所は破綻した仮想通貨取引所FTXの元CEOであるサム・バンクマン=フリード(別名SBF)氏が裁判の間、拘留されることを決定しました。

サム・バンクマン=フリード氏、裁判の間、拘留され続ける

マンハッタンの連邦裁判所で行われた短い裁判の中で、バンクマン=フリード氏の弁護士たちは、クライアントが自身に対して提起された罪状に対して弁護を準備できるよう、一時的にクライアントを釈放するよう裁判所に要請しました。しかし、この事件を取り扱う裁判官であるルイス・A・カプラン判事は、被告人が逃亡のリスクがあると考え、この要請を却下しました。

カプラン判事はマンハッタンの連邦裁判所での裁判の中で、「裁判に近づくにつれて、ますます疑問に思っている。もしも有罪判決が下された場合、クライアントは非常に長い刑に直面する可能性があります。もし事態が暗転し始めたら…逃亡を試みる時が来るかもしれません」と述べました。

これに対し、バンクマン=フリード氏の主任弁護士であるマーク・コーエン氏は、クライアントが逃亡を試みる理由はないと主張しました。コーエン氏は、バンクマン=フリード氏がメトロポリタン・ディテンション・センター(ブルックリンの収容施設)に拘留されている限り、クライアントと有意義に協議することができないため、この要請がなされたとカプラン判事に伝えました。

これに対し、アシスタント米国検事のダニエル・クドラ氏は、バンクマン=フリード氏が既に裁判準備のために十分な時間を持っていたと述べました。クドラ氏は、バンクマン=フリード氏が2023年7月まで自由を制限されることなく、カリフォルニア州パロアルトの実家で証拠を詳細に検証し、裁判の準備を行うために7か月以上の時間を有していたことを指摘しました。

サム・バンクマン=フリード氏は昨年12月にバハマからアメリカ合衆国に引き渡され、カリフォルニア州パロアルトの実家で自宅軟禁措置を受けており、電子機器へのアクセスも制限されていましたが、2023年8月11日にカプラン判事によって拘束されました。

サム・バンクマン=フリード氏は、カプラン判事によって2億5000万ドルの保釈金を拒否されました。判事は、バンクマン=フリード氏が潜在的な証言者に介入しようとしたことを発見したためです。

ただし、ルイス・A・カプラン判事はコーエン氏の言葉を熟考し、裁判が始まる前のほとんどの日にコーエン氏や他の弁護士たちが裁判所で朝7時にバンクマン=フリード氏と会話することを手配すると述べました。

バンクマン=フリード氏の裁判は2023年10月3日(火曜日)に始まる予定で、6週間以上にわたる予定です。彼の弁護士たちは既に2つの保釈請求を失敗しています。これは被告人の裁判中の釈放要請が法廷によって拒否される3回目となります。

検察当局、FTX創業者に対して複数の告発を行う

CEOのサム・バンクマン=フリード氏は、2022年11月に仮想通貨取引所FTXが崩壊した後、彼に対して行われた数々の告発について無罪を主張しています。

検察当局は、バンクマン=フリード氏が顧客や投資家を欺き、自身や他の幹部が利益を得る一方で、FTXの数十億ドル規模の崩壊に主導的な役割を果たしたと非難しています。

バンクマン=フリード氏がFTXの顧客預金から数十億ドルを盗み、彼が統治する暗号通貨ヘッジファンドであるアラメダリサーチの債務を解消し、カリブ海で豪華な生活を送り、政治キャンペーンを資金提供したとされています。

バンクマン=フリード氏のアラメダリサーチ・ヘッジファンドの元最高経営責任者であるキャロライン・エリソン氏は、既に詐欺罪で有罪を認めました。彼女は今後の裁判でバンクマン=フリード氏に対して証言する予定です。

FTT価格が法廷の拒絶により下落 | 出典:トレーディングビュー上のFTTUSDT