コインベースからの政治的イニシアチブは、倫理違反を犯した米国の立法者を特集しています

コインベースの政治的イニシアチブは、倫理違反を犯した米国の立法者を特集しています

アメリカの仮想通貨取引所Coinbaseは、最近、暗号通貨保有者が直接議員と対話することを積極的に推進しています。最新の取り組みとして、Coinbaseは、過去に倫理違反の11件の告訴を受けた下院議員を取り上げました。

8月15日までに、54,000人以上がCoinbaseの「Stand with Crypto Alliance」に参加し、全国レベルのアメリカの議員と連絡を取ることができました。このプログラムでは、ユーザーがアメリカの上院と下院の議員の「暗号通貨の感情」を追跡することができます。

このレポートの時点で、このイニシアチブのウェブページでは、エリザベス・ウォーレン上院議員とブラッド・シャーマン下院議員が「暗号通貨政策に強く反対」とされており、ジョシュ・ゴットハイマー下院議員、リッチー・トーレス下院議員、デビッド・シュヴァイカート下院議員は「非常に支持的」とされています。ウォーレン上院議員は、中国でのフェンタニル取引などの不正活動と暗号通貨を結びつける懸念を度々表明しています。トーレス下院議員は、アメリカ証券取引委員会(SEC)に対して暗号通貨企業への執行措置を制限するよう要請しました。

Stand with Cryptoが提供する情報によると、シュヴァイカート下院議員は、在任中に3つの暗号通貨に関する法案を支持し、デジタルアセットに関する4つの声明を発表しています。同盟は、「議会の議員は、あなたが強く賛成または反対する可能性のある見解を持つ場合があります」と述べており、具体的な非暗号通貨の政策立場については特に言及していません。

暗号通貨の寄付と選挙資金

2020年、下院倫理委員会は、シュヴァイカート議員が選挙資金規則を違反し、下院倫理指針に違反したことで5万ドルの罰金を科しました。2022年、連邦選挙委員会は、関連する告発に対してアリゾナ州の代表に12万5000ドルの罰金を科しました。違反は、融資の報告漏れや選挙資金の私的な目的への不正使用に関するものでした。Cointelegraphはシュヴァイカート議員の事務所にコメントを求めましたが、このレポートの時点では回答はありませんでした。

Stand with Crypto Allianceが受け取った寄付の中には、「ジェリーマンダー」というハンドルネームを使った暗号通貨利用者からの215ドル以上の寄付がありました。これは、政治的利益のために選挙区の境界を操作することを意味する「ジェリマンダー」にかけたものです。さらに、Coinbaseの機関投資ソリューションおよびCoinbase Treasuryの責任者であるロジャー・バートレットに関連するかもしれない未確認アカウントからの191.98ドルの寄付がありました。

この政治的イニシアチブは、Coinbaseがアメリカの「プロ暗号通貨候補者」を支持するよう暗号通貨利用者に呼びかける最新の取り組みを表しています。現在、取引所は、未登録の証券の提供に関するSECの訴訟に直面しており、多くの議員や業界関係者からはこの訴訟を却下するよう求める声が上がっています。