コアサイエンティフィックは、27,000台のビットコインマイニングリグのために、7700万ドルのビットメイン取引を締結しました

コアサイエンティフィックは、7700万ドルで27,000台のビットメインのマイニングリグを購入しました

暗号通貨マイニングハードウェアメーカーのBitmainと破産した仮想通貨マイニング企業のCore Scientificは、マイニング施設の拡大に関する取引を完了するために株式と現金の組み合わせに合意しました。

2つのマイニング企業間の取引では、Bitmainが現金2300万ドルと破産企業の普通株式価値5390万ドル相当で27,000台のBitcoin(BTC)マイニングリグを供給することになります。マイニングハードウェアの購入取引に加えて、BitmainとCore Scientificは、Bitmainのマイニングオペレーションをサポートするための新しいホスティング契約にも署名しました。

取引は8月に確定し、裁判所の申立書によってBitmainが現金と株式を交換する形でマイニングハードウェアを販売する計画を発表したことが明らかになりました。Bitmain以外にも、再構築計画にはAnchorage、BlockFi、Mass Mutual Asset Financeが含まれていました。Anchorage以外の3つの企業は、請求を解決するために現金と株式の組み合わせを選びました。

関連記事:再構築プロセス中にAdam Sullivan氏をCEOに任命したCore Scientific

Bitmainによる拡大と投資計画は、裁判官の承認を待って2023年第4四半期に発効します。承認がされれば、ハードウェアはCore Scientificのハッシュレートに4.1エクサハッシュを追加する可能性があります。2つの仮想通貨マイニング企業はまた、BitmainのCore Scientificのデータセンターにホストされている最新世代のマイナーをアップグレードするために協力することも合意しました。

Core Scientificは2022年12月に第11章の破産を申請し、金融危機とBitcoinの価格の下落を理由に決定したと述べました。市場の混乱により、同社は最終的に崩壊に直面することになりました。

雑誌:お金を取り戻す:クリプト訴訟の奇妙な世界