「クリプトカストディアンレジャーが、新たなPayPalの統合によりユーザーがデジタル資産を購入できるようになりました」

クリプトカストディアンレジャーがPayPalの統合により、ユーザーはデジタル資産を購入できるようになりました

 

仮想通貨ハードウェアウォレットのLedgerは、新たなPayPalの統合を発表しました。これにより、ユーザーはBitcoin(BTC)、Ethereum(ETH)、Litecoin(LTC)、およびBitcoin Cash(BCH)を購入することができます。

8月16日の両社の共同発表によれば、Ledger Liveソフトウェアは、米国の検証済みPayPalユーザーと完全に統合され、追加の検証は必要ありません。

Ledgerチームは、エキスパートレベルのユーザーと初心者の両方にとって暗号通貨の入手を簡素化する必要性を強調しています。これは、人気のある言葉「デジタルアセットはすべての人に利用可能でなければならない」という考えを具現化しています。

LesgerのCEOであるPascal Gauthierは、PayPalとのパートナーシップの理由について、シンプルさに基づいており、セキュリティに欠けることなくシームレスな採用プロセスを作り出していると説明しています。

「Ledgerの断固たるセキュリティとPayPalによる保護された支払い技術の組み合わせにより、ユーザーの暗号通貨取引のためのシームレスなプラットフォームを促進します。Ledgerは暗号通貨の世界を簡素化することにコミットしており、PayPalはお金の流れを可能な限りシンプルで信頼性があり、手ごろな価格にすることにコミットしています。」

Ledgerの以前のパートナーシップは、デジタルアセットへの参入を簡素化するという約束を示しています。同社は、Ramp、Simplex、Transac、MoonPay、Loopipay、およびMercuryoを介して直接暗号通貨を購入することを許可しています。

「暗号通貨のエキスパートであろうと初心者であろうと、PayPalとLedger Liveの統合により、安全で使いやすい暗号通貨の購入プラットフォームが提供されます」とGauthierは付け加えています。

PayPalがweb3に新たな道を切り開く

この発表は、PayPalがデジタルアセットエコシステムで新たな展開を果たしたことを示し、そのクリプト互換性への探求に対して肯定的な反応を引き起こしています。

リリースによれば、仮想資産の購入はLedgerハードウェアウォレットとLedger Liveのオプションに送信されます。

PayPalは先週、PYUSDというステーブルコインを導入しました。これは、従来の主要なテクノロジー企業としてはじめての動きであり、他のセクターについても発表しています。

現時点では、LedgerとのパートナーシップにPYUSDは含まれていませんが、ユーザーは既にサービスが成長してさらに多くのアセットを受け入れることを期待しており、楽観的な意見を示しています。

PayPalはまた、責任あるイノベーションとコンプライアンスに沿って、ステーブルコイン市場のシェアに進出することにもコミットしています。

一方で、Bank of Americaなどの専門家は、PYUSDの大規模な採用が間近に迫っているとは考えておらず、USD Tether(USDT)やUSD Coin(USD Coin)といった安定コイン市場の主要プレーヤーが激しい競争をしていることを指摘しています。

報告書はまた、投資家が新たなユーティリティを欠いているPYUSDを今後数か月間で採用することはないと述べています。