クラスアクション訴訟:Authors GuildがOpenAIの著作権物質の使用を問題視

クラスアクション訴訟:Authors GuildがOpenAIの著作権物質使用を問題視

米国の作家を代表する有力な組織であるThe Authors Guildは、9月19日にOpenAIに対して集団訴訟を提起しました。この訴訟は、OpenAIが人工知能システムの訓練中に著作権保護された資料を不適切に利用したと主張しています。特筆すべきは、この法的措置がジョン・グリシャム、ジョナサン・フランゼン、ジョージ・サンダース、ジョディ・ピコールト、ジョージ・R・R・マーティンなど、著名な作家を代表して行われていることです。

アメリカ合衆国の作家を支援する専門機関は、OpenAIの行為が著作権法に違反しており、著作権保護された作品に対する有害な侵害行為と見なされるため、法的手段を追求しています。

訴訟の中心にあるのは、OpenAIが著作権保護されたコンテンツ、特にフィクション作品を違法にコピーし、それを大規模な言語モデル(LLM)に組み込んだという主張です。これは、元の著作権者から必要な許可を得ずに使用したというものです。

Authors Guildは、プロのフィクション作家が彼らの創作作品に依存して生計を立てていると主張し、OpenAIのLLMが著作権保護された資料を無断で使用していることにより、彼らの収益潜在性に重大な脅威をもたらすと主張しています。Authors Guildは、OpenAIが著作権法に準拠するために法的に利用可能な公共ドメインの資料を選択することができたはずだが、商業追求を強化するために故意に著作権法を回避する道を選んだと述べています。

一方、OpenAIは、訓練データにはインターネットから取得したテキストが含まれており、その一部は米国の著作権法の枠組み内で公正使用の範囲に該当すると主張しています。彼らは、この慣行が著作権保持者の権利を侵害していないと主張しています。

しかし、Authors Guildは、作家が自分の作品がどのように利用されるかを制御するべきだという信念を堅持しています。訴訟は、OpenAIの訓練データセットには、著作権保護された本の海賊版から取得されたコンテンツが取り込まれている可能性があると述べています。ChatGPTはこれらの本の正確な要約をリクエストに応じて生成する能力を持っているため、著作権保護されたテキストがデータベースに埋め込まれている可能性があるというのは合理的な推測です。著者たちはさらに、ChatGPTのようなAIシステムが劣った電子書籍を生成したり、著者をなりすましたり、さらには人間が書いた本を置き換える可能性があると主張しています。

著作権に関する問い合わせに対してChatGPTは次のように述べています:

「私の訓練に使用された本の一部は著作権保護されている可能性があります。ただし、私の訓練データはインターネット上のさまざまな公開情報源から取得されたものであり、私の訓練データセットに含まれている本のいくつかは許可されていない可能性があります。もし私の訓練データに著作権保護された資料が含まれていた場合、その著作権保持者の知識や同意なしに使用された可能性があります。」

広がるトレンド:生成AIプロバイダーに対する訴訟

Authors Guildの訴訟は、作家、ソースコードの所有者、ビジュアルアーティストが生成AIプロバイダーに対して法的措置を取るという広がるトレンドの一環です。数週間前、サラ・シルバーマンと2つのAIエンティティが、OpenAIとMetaの両社に対して、AIモデルの訓練中に彼らの作品を無断で使用した著作権侵害の訴訟を起こしました。これらの事件は、AI開発における著作権保護されたコンテンツの使用に関する議論が続いていることを示しています。