「カナダは、暗号通貨やNFTの押収物を保存するためのリポジトリの開発を進める」

カナダは暗号通貨やNFTのリポジトリの開発を進める

ロイヤルカナダ騎馬警察(RCMP)は、暗号通貨と非代替可能トークン(NFT)の差し押さえと保管を容易にするデジタル資産ソリューションを求めています。公告によると、差し押さえられたデジタル資産を保管するためのソリューションへの応募が2023年8月10日に開始されました:

「集中型のリポジトリソリューションの開発により、警察官はこれらの資産を使いやすい方法で差し押さえることができるだけでなく、保管中に資産が盗まれることを防ぐための高度なセキュリティも提供されます。」

RCMPは将来のリポジトリに対して17の要件を求めています。その中には、時価総額上位20の仮想通貨ブロックチェーンのトランザクション処理能力と、将来の新しいブロックチェーンのサポート能力が含まれています。また、RCMPは必要なユーザーにデータへのアクセス権限を与える意向もあります。NFTについては、RCMPはEthereum、Solana、およびPolygonベースのNFTの保有を可能にする必要があると判断しています。

カナダのデジタル資産リポジトリの入札。出典:ised-isde.canada.ca

リポジトリに含まれるその他の機能には、プライベートキーの保護、安全な廃棄プロセス、および毎日の自動検証などのセキュリティに関する考慮事項があります。また、Android向けにネイティブモバイルアプリケーションも開発されます。

関連記事: カナダ人はCBDCを使用する「弱いインセンティブ」を持っている:カナダ銀行

最近、カナダの法執行機関は、サイバー犯罪の捜査中にChainalysisの特殊ソフトウェアを使用して暗号通貨を追跡するようになりました。地元の警察は、ブロックチェーン上のトランザクションを追跡し、容疑者を特定し、資金が預けられた場所を特定する能力を持つようになりました。

一方、ビットコイン(BTC)を保有するカナダ人の数は、2021年の13.1%から2022年の10.1%に減少しました。

雑誌: 預金リスク。暗号通貨取引所はあなたのお金を本当にどうしているのか?