カストディアの連邦準備制度に対する訴訟が、準備預金銀行モデルの欠陥を明らかにしています

カストディアの訴訟は、準備預金銀行モデルの欠陥を明らかにしました

カストディアは、2022年6月7日に連邦準備制度に対して画期的な訴訟を起こすという大胆な一歩を踏み出しました。カストディアは、ワイオミング州での特許取得を目指す革新的なビットコインと仮想通貨の銀行であり、この訴訟は、カストディアの「マスターアカウント」の申請が連邦準備制度によって理由もなく遅延され、通常5〜7日で完了するはずのプロセスが2年以上も保留されていたことに起因しています。この長期間の遅延は、最終的に2023年1月27日に拒否されたことで、カストディアのような革新的な新興企業に対する既存銀行の利益優先のバイアスが存在する可能性について懸念を引き起こしました。この訴訟の結果は、銀行規制の将来と業界全体の形を大きく変える可能性があります。

カストディアの革新的なアプローチは、カストディアが最もリスクの少ない銀行として位置づけることで、投資家に非常に魅力的な存在となることを目指しています。これは、SPDI銀行または特定目的預金機関としての特許によって実現されます。公式ウェブサイトによると、SPDI銀行は「預金を受け入れ、銀行業務に付随する他の活動、包括的な預金保管、資産サービス、信託資産管理などを行う完全備え付け銀行」です。言い換えれば、彼らのビジネスモデルは、銀行業務から利益を得ることであり、世界の他のどの銀行よりもリスクをはるかに減らすことです。カストディアの戦略の重要な側面は、米国の他のどの銀行も実施していないフラクショナルリザーブ貸付の問題のない取り扱いを完全に実現することです。もしアメリカ人がフラクショナルリザーブ銀行にお金を預けることでどのようなリスクを負っているかを知っていたら、おそらく反乱が起きるでしょう。

SPDI銀行がフラクショナルリザーブ貸付を排除することへの取り組みは、リスクを軽減し投資をヘッジしたい機関に共感を呼ぶでしょう。さらに、カストディアのような銀行は、デジタル資産に関するワイオミングの先駆的な規制フレームワークを活用することができ、リリーポジショニングや過剰レバレッジに頼らずに、顧客に安全性とセキュリティを保証するシステムを提供することができます。この独自の提供は、カストディアのような銀行を従来の銀行とは異なる存在にし、機関投資家に信頼できるパートナーとしての地位を確立します。

カストディアが連邦準備制度に対して起こした訴訟は、歴史的な節目となります。この訴訟が発見フェーズに進むにつれて、連邦準備制度内の以前非公開だったメールや文書が明るみに出ることが予想されます。この透明性によって、既存銀行に与えられた可能性のある優遇措置や承認プロセスの公正さについて明らかになる可能性があります。カストディアは、Jay Powellやカンザスシティ連邦準備制度のエスター・ジョージなどの著名な連邦準備制度の関係者とのインタビューを宣誓供述のもとで行う機会も持つでしょう。このような証言によって、FTX/アラメダが投資したMoonstone Bankの承認プロセスに関するさらなる洞察が明らかになり、適切な取り扱いや公正さについての疑問が浮上する可能性があります。

訴訟の結果は不確定なままですが、カストディアにとって有利な判決が出れば、ワイオミングに機関資本が大量に流入する可能性があります。州のデジタル資産規制フレームワークとカストディアの革新的なビジネスモデルは、信頼性と革新性を求める機関投資家にとって明確さと優先順位を提供します。カストディアの成功の潜在的な影響は、銀行業界を超えて広がり、ビットコインの価格変動に大きな影響を与え、将来の銀行規制にも影響を与える可能性があります。訴訟が進行し、裁判所が連邦準備制度から行政記録を要求するにつれて、この訴訟の緊急性と重要性が米国の裁判所内でより明確になることが予想されます。

Lyn Aldenは、2023年3月のニュースレターで率直に述べています。「預金者の観点から言えば、銀行は本質的には高レバレッジの債券ファンドであり、支払いサービスが付随していますが、私たちは彼らに私たちの貯金を無邪気に信頼しています。」お金をどちらに預けたいですか、それともカストディアと一緒に?

もしその質問の答えが明確でないのであれば、目を覚まさせる時が来ています。

その哲学はシンプルです。有名な「Don’t be evil」の信条ではなく、SPDI銀行の規制は「You can’t be evil」となります。従来の銀行とは異なり、カストディアのようなSPDI銀行は、顧客の安全と幸福を優先します。

この訴訟は、ビットコインを超えて達成され、連邦準備制度が我々のお金に対する過剰な関与と銀行システムの深刻な不公正さを明らかにする、転機となる可能性があります。技術の進歩は、これらの問題を浮き彫りにし、行動を求めています。