「オプティミズムは、プライベートセールを通じて7つの購入者に対して1600万ドル相当のOPトークンを販売する予定です」

オプティミズムは、プライベートセールで7人に1600万ドル相当のOPトークンを販売予定

イーサリアムのレイヤー2スケーリングソリューションであるOptimism(OP)は、資金管理のために116百万OPトークンを7つのプライベートバイヤーに売却する計画を公表しました。

現在の価格では、この売却により1億5900万ドル相当のOPトークンが取引されることになります。

本日から、約116百万OPトークンを合計した複数の取引が行われます。これらは計画された取引であることをコミュニティに事前にお知らせします。

— Optimism(✨_✨)(@optimismFND) 2023年9月20日

一部の観察者は、Optimismがトークンを市場に「ダンプ」することにより価格が下落すると懸念していましたが、この売却はプライベートであるため、OPの価格には実質的な影響を与えることはないでしょう。

さらに、トークンはOPトークンの未割り当て部分から供給されています。つまり、これらは流通供給量の一部ではありません。

Optimism(OP)トークンの過去30日間の価格。出典:CoinGecko

Optimismのウェブサイトで説明されているように、これらのトークンは2年間のロックアップ期間があり、バイヤーはセカンダリ市場でそれらを売却することはできません。

しかし、バイヤーはガバナンスの目的で非関連の第三者にトークンを委任する許可を与えられています。

関連記事:USD CoinがBaseとOptimismネットワークに正式に拡大

Optimismによれば、この売却は元々の計画の一部であり、「初期トークン供給量の30%をカバーする元々の作業予算に完全に組み込まれています。

この売却は、Optimismが3番目のエアドロップを発表したわずか2日後のことです。このエアドロップでは、Optimism Collectiveというネットワークの分散型自治組織(DAO)に関連する委任活動に参加した31,000以上のアドレスに19.4百万OPトークンが割り当てられました。

本日、OptimismはOPエアドロップ第3弾を発表します。31,000以上のユニークなアドレスに19百万OPが割り当てられ、Collectiveへのポジティブサムガバナンス参加を報酬としています。詳細な条件と割り当てについては、以下をご覧ください。

— Optimism(✨_✨)(@optimismFND) 2023年9月18日

Optimism、Polygon、Arbitrumは、業界で最も多く利用されているレイヤー2スケーリングソリューションです。

TVLの面ではArbitrumには及びませんが、Optimismは8月においてArbitrumを上回る総取引数を記録しました。これは主にCoinbaseのサンドボックスや身元確認プロジェクトWorldcoinの活発な活動によるものです。

雑誌:DAOは過大評価され、実現不可能なのか?フロントラインからの教訓