「エロン・マスク氏によると、Xは、コンテンツの投稿やいいねにより不当な扱いを受けたユーザーの法的費用を負担する」と発表しました

エロン・マスク氏は、Xが不当な扱いを受けたユーザーの法的費用を負担すると発表しました

イーロン・マスク氏は、彼のソーシャルメディア会社X(以前はTwitter)が、プラットフォーム上のコンテンツに関与したことで雇用主から不当に扱われたユーザーの法的費用を支援することを明言しました。

この取り組みを発表した4月5日のXスレッドで、マスク氏は以下のように述べました:

「もしあなたがこのプラットフォームで投稿やいいねによって不当な扱いを受けた場合、私たちはあなたの法的費用を負担します。上限はありません。教えてください。」

もしあなたがこのプラットフォームで投稿やいいねによって不当な扱いを受けた場合、私たちはあなたの法的費用を負担します。上限はありません。教えてください。

— イーロン・マスク (@elonmusk) 2023年8月6日

この投稿は好意的に受け取られており、執筆時点で20万以上の「いいね」があり、潜在的な訴訟のための資金調達を求める人々が殺到しています。

例えば、右派コンテンツのアカウントである”The Libs of TikTok”は、Limited Run Gamesの従業員であるKara Lynne(@Kara_Creates)がX上でそのアカウントをフォローしたことで解雇されたというケースを取り上げました。

マスク氏は自らを「言論の絶対主義者」と称し、キャンセルカルチャーには明らかな軽蔑を抱いており、この最新の取り組みは特に政治的・イデオロギー的な視点に関連するコンテンツの検閲からXを転換させる彼の取り組みと一致しているようです。

12月には、マスク氏は「キャンセルカルチャーはキャンセルされるべきだ」とツイートし、彼の所有するXは以前の所有者によるポリシー違反によるアカウントの禁止を取り消しています。

関連記事: Xに暗号通貨の計画はない:イーロン・マスク氏が詐欺トークンの主張を否定

マスク氏からの最新の発表は、Xでの変更が続いている中で行われました。

7月には、プラットフォームは「すべてのアプリ」となるための完全なリブランドを実施し、ユーザー向けに収益共有モデルも最近導入されました。さらに、8月2日には、プレミアムサービスのBlueの加入者が自分の確認チェックマークを非表示にするオプションも導入されました。

スレッドはますます良くなっていくでしょう。 pic.twitter.com/KfP2Xney6J

— マーク・ザッカーバーグ(パロディ)(@MarkCrtlC) 2023年8月6日

雑誌: スマートな人々が愚かなメメコインに投資する方法-成功のための3つのポイントプラン