エネルギーの未来:ビットコインマイニング

エネルギーの未来:ビットコインマイニング

「タイムシリーズ分析(Stern, 1993, 2000)によれば、GDPの成長を説明するためには、資本と労働に加えてエネルギーが必要です。しかし、主流の経済学研究は、経済成長におけるエネルギーの重要性を軽視してきました。成長過程を説明するために使用される主要なモデル(例:Aghion and Howitt, 2009)には、生産要素としてのエネルギーは含まれていません。」

– The Role of Energy in the Industrial Revolution and Modern Economic Growth, Stern and Kander (2012)

エネルギーがどの経済にとっても重要なのなら、なぜ研究や議論では積極的に避けられているのでしょうか?さらに進んで、なぜ業界では政治化や分裂が激しくなっているのでしょうか?エネルギーにおける部族主義は、単なる騒音に過ぎないのです。その根本からして非合理です。私たちは経済を損なうことなく、社会の車輪を回し続けるために、できるだけ多くのエネルギーを生成する必要があります。では、どうすればこのような高い目標を達成できるのでしょうか。

エネルギー発電の直接的な貨幣化です。

課題の一つは、電力需要の変動です。一日中、一年中というわけでもなく、需要は一定しません。この変動は、季節的な気候変動がある経済や多様なエネルギー源へのアクセスが制限されている経済にも影響を与えます。

Figure 7. Source: ERCOT

需要の変動を平準化し、エネルギー生産者が一定の運転率を維持しながら信頼性のある電力を社会の変動に提供できる方法はあるのでしょうか?

エネルギーの未来

答えは「はい」です。これはビットコインマイニングを通じて実現できます。私たちはビットコインマイニングを使用して、すべてのエネルギー発電者間の兄弟喧嘩を解決することができます。彼らはハッシュレートを競い合い、伝説の次世代ビットコインのサブサイド配布を求める自由があります。ただし、社会の需要がある場合には電力をグリッドにリダイレクトすることに同意する必要があります(これはテキサスのERCOTシステムやジョージアの複数の事例とシナリオで効果が示されています)。運用能力が大きければ大きいほど、彼らは社会に必要なものを提供し続けることができ、ビットコインマイニングによる収益を得ることができます。最良の部分は、ビットコインはエネルギーがどこから来ているのか、どのように供給されているのかには興味がないということです。

私たちは今やエネルギーの生成と配布インフラの急速な拡大を正当化することができます。このエネルギーに対する永続的かつ非常に競争力のある需要を提供することで、需要は最初の買い手から最後の買い手までとなります。この需要は、最も安価なエネルギー資源を通じて供給することも、現在の運用を拡大して出力を増やし、効率を最大化することも可能です。どの戦略もこのアプローチで実現可能です。需要の変動をスムーズにすることができるグリッドへの迅速な需要供給は画期的です。

Figure 8. Source: ERCOT

よくバランスの取れたシステムでは、全体の需要は上記の原子力発電供給を表す黄色の線のように一定で平坦な状態になります。しかし、需要が変動する場合(図7および9を参照)、需要と供給のギャップを埋めることができる柔軟な需要源が必要です。社会的な需要が予測を上回った場合には自動的にオフになりますが、その製品は運用改善と収益を通じて大きな利益をもたらすため、状況に応じて需要が満たされるとすぐに再開できるようになります。

これこそがERCOTやジョージアのビットコインマイナーたちが行っていることです。彼らはギャップを埋めています。また、これによりエネルギー発電者が可能な限り多くのエネルギーを生み出す動機づけも提供しています。今必要な量よりもはるかに多くのエネルギーを生産できるような運用を拡大する正当な理由ができたのです。

Figure 9.

滑りやすいオレンジ色のコイン

電子の供給が商品の生産を容易にしない場合、需要はどうなるのでしょうか。そのような資産は、金や石油のようにはなりません。これらは、市場の自然な力によって価格が上昇することを正当化し、価格が低下する際には生産を増やすことによって高価格に終止符を打つのです。

ビットコインマイニングにおける難易度調整の美しさは、ネットワークにさらにパワーが割り当てられ、ブロックがあまりにも急速に完成すると、ネットワークは難易度を上げます(逆も同様に、ブロックがあまりにも遅く到着する場合は難易度を下げます)。高い価格による供給の過剰生産と過剰供給はありません。

一方、マイニングプールでは、ビットコインマイナーが協力してビットコインの補助金を稼ぐことができます。このような結果が発生すると、マイニングプールはプール参加者に収益を配当し、プール全体に対する割合として貢献した努力の量に応じて分配します(公正な共同作業システム)。これにより、これらのマイナーが単独で作業している場合よりも、より一貫した収入の流れが生まれます。

結論

すべてのエネルギー発電業者は、ビットコインマイニングネットワークから得られる永続的な需要を利用するためにASICマイナーでいっぱいのデータセンターを展開することで利益を得ることができます。さらに、競争の激しい業界は、チップの効率改善や、最も安価なエネルギーだけでなく、効果的に利用されていない最も豊富な容量の調達に対する活発な需要を提供しています。そのため、エネルギー生産業者や公益事業者は、効率を最大化し、運用を改善しながら、追加の収益を得るためにビットコインマイニングを利用しています。

エネルギーの基礎が再構築されています。エネルギー内の部族主義は、全ての生産者が地平線に沿って広がる素晴らしいオレンジの未来を目指していくにつれて消えていくでしょう。そして彼らはそれで多くのお金を稼ぐことができる位置にいます。

この記事はMike Hobartによるゲスト投稿です。表明されている意見は完全に彼自身のものであり、BTC IncまたはBitcoin Magazineの意見を必ずしも反映しているわけではありません。