「イーサリアム開発者が、オンチェーン上で監査報告書を表すためのERC-7512標準を提案」

イーサリアム開発者がERC-7512標準を提案、オンチェーンでの監査報告書表記

Source: Adobe

Ethereum(ETH)の開発者たちは、分散型金融(DeFi)プロトコルのスマートコントラクト監査の透明性とアクセシビリティを向上させるための新しいスマートコントラクト標準であるERC-7512を導入しました。

この提案は、先月、Safeの共同設立者であるRichard Meissner氏によってEthereum Magiciansフォーラムに投稿され、開発者たちの間で活発な議論を巻き起こしました。

提案への注目すべき貢献者には、OtterSec、ChainSecurity、OpenZeppelin、Ackee Blockchain、Hats Financeの開発者が含まれています。

ERC-7512の主な目的は、契約が解析できるオンチェーンの監査レポートの表現を確立し、ユーザーが実施された監査に関する関連情報を抽出できるようにすることです。これには、関与した監査人や検証された標準などが含まれます。

「この提案は、契約が監査されたことをオンチェーンで検証できるようにするためのオンチェーンの監査レポートの表現の標準を作成することを目指しています」と著者は述べています。

「強力なセキュリティ保証を提供し、より良い組み合わせ性を可能にするために、契約が監査されたことをオンチェーンで検証できることが重要です。」

開発者たちがERC-7512の実装を議論

この提案はコミュニティから広範な支持を受けていますが、開発者たちは標準の実装について詳細な議論を行っています。

Callisto Networkの創設者であるDexaraは、Ethereumの新しい標準を導入する代わりに、非譲渡性のソウルバウンドトークンを介して監査を組織するレジストリを利用する代替アプローチを提案しました。

「オンチェーンの監査のアイデアは有用ですが、このERCで提案されている実装は非常に複雑です。」

これに対してMeissner氏は、ERCをレジストリの文脈で使用できると提案し、過度に中央集権的なアプローチには注意を促しました。

Shay Zluf氏は、ERC-7512の焦点は監査人が署名すべき内容を標準化することであり、レジストリ自体を定義するものではないと追加しました。

「このERCは、レジストリを定義するのではなく、監査人が署名すべき内容を標準化することに焦点を当てています。目標は、エコシステム全体での一貫した検証を確保することです。」

Meissner氏はまた、セキュリティ監査は価値があるものの、プロトコルのコードが完璧であることを保証するものではないと強調しました。

例として、Telegramの取引ボットに関連するトークンであるBANANAの最近のローンチは、チームによる2つの監査を受けたと主張していましたが、デプロイ直後にスマートコントラクトにバグが発生しました。

興味深いことに、Twitterユーザーのpunk9059さんはBANANAのコードをAIチャットボットであるChatGPTに通し、すぐに問題を発見しました。

Ethereumの開発者がHoleskyテストネットのローンチを延期

今週初め、Ethereumの開発者は、予定されていたHoleskyテストネットのローンチを延期する必要がありました。これはパラメータの不一致の結果、意図した通りに動作しなかったためです。

EthereumクライアントチームであるNethermindは、再ローンチはおそらく1週間後に行われると述べ、Holeskyは早ければ今週金曜日にも稼働する可能性があると示唆しました。

ただし、Ethereum FoundationのDevOpsエンジニアであるBarnabus Busaは、GitHubのプルリクエストを公開し、再ローンチは9月28日に行われるべきだと提案しました。

「新しいジェネシスファイルを使用してネットワークを再ローンチし、約2週間後にネットワークを稼働させることが非常に可能性が高いです」と、Ethereum FoundationのDevOpsエンジニアであるParitosh氏は述べています。