イーサリアムのOFACコンプライアンスは、Mergeアップグレード後に45%に低下しました

イーサリアムのOFACコンプライアンスは45%に低下しました

2022年9月の歴史的なマージのアップグレードは、イーサリアムのプルーフオブワーク(PoW)からプルーフオブステーク(PoS)への移行を示しており、その結果、外国資産管理局(OFAC)が定めた基準への準拠度が全体的に低下しました。

OFACに準拠したイーサリアムブロックは、一部のトランザクションを検閲するため、イーサリアムエコシステムの中立性に悪影響を与えています。2022年8月初旬、OFACはTornado Cashとそれに関連するいくつかのEther(ETH)アドレスに制裁を課しました。これは、トランザクションをマスクし匿名化する能力があるためです。

マージのアップグレード前、イーサリアムのOFAC準拠度は指数関数的に増加し、仮想通貨取引所などのエンティティが自身のバリデータに検閲を行うMEV-Boostリレーを実行することを選択しました。 MEV Watchのデータによると、人気のあるプラットフォームであるBinance、Celsius Network、Bitfinex、Ledger Live、Huobi(HTX)、Coinbaseなどが上位の検閲違反者のリストに挙げられています。

イーサリアムの信頼性のある中立性に悪影響を与えているバリデータ上で検閲を行うエンティティのリスト。出典: MEV Watch

しかし、イーサリアムブロックの全体的なOFAC準拠度は大幅に低下しています。2022年11月、全体のイーサリアムブロックのうち78%がOFACの規制に準拠していました。現在の2022年9月27日時点で、イーサリアムのOFAC準拠度は30%まで低下し、全体的に57%減少しました。

マージ後の日々のOFAC準拠イーサリアムブロック。出典: MEV Watch

OFACの準拠に対抗するには、OFACの準拠要件に基づいて検閲を行わないリレーを使用する必要があります。最も一般的に使用される7つの主要なMEV-boostリレーは、Flashbots、BloXroute Max Profit、BloXroute Ethical、BloXroute Regulated、BlockNative、Manifold、Edenです。ただし、MEV Watchによると、すべてのシステムがOFACの準拠に従っているわけではありません。

「提供されている7つの主要なリレーのうち、OFACの準拠要件に基づく検閲を行わないのは3つだけです。」

また、OFACに準拠したリレーによって構築されたすべてのブロックが検閲しているわけではありませんが、非準拠のトランザクションがネットワークにブロードキャストされると、OFACに準拠したリレーによって構築されたすべてのブロックが検閲されます。

OFACの規制は主に米国を拠点とする組織を対象としていますが、米国外のバリデータはネットワークの利益のために検閲を行わないリレーの実行を検討する必要があります。

関連記事: 米国財務省が「違法なフェンタニルの売買」に関連するカルテルに関連するイーサリアムウォレットに制裁を科す

イーサリアムのOFAC準拠度が低下する中、GrayscaleはPoWイーサリアムトークン(ETHPoW)の全ての権利を放棄することを決定しました。ただし、この決定は市場に流動性がないことに起因しています。公式の発表によると:

「したがって、ETHPoWトークンの取得と売却の権利を行使することはできず、記録日株主を代表して、Grayscaleはこれらの資産の権利を放棄します。」

一方、ETCグループなどの一部の仮想通貨投資会社は、専用のEthereumPoW上場投資商品(ETP)を立ち上げる試みを行っています。

雑誌: 「AIが業界を殺した」:EasyTranslateのトップが変化に適応することについて語る