「インドの仮想通貨税の軽減策はおそらく2年後」と、主要取引所のCEOが述べました

インドの仮想通貨税の軽減策はおそらく2年後

出典:Pexels

インドの暗号通貨業界は、国内取引所WazirXのCEOによれば、より寛容な暗号通貨税制には最大2年待たなければならない可能性があります。

昨年、インド当局は暗号通貨取引に1%の源泉徴収税(TDS)を導入し、取引量の大幅な減少を招きました。

この動きにより、マーケットメーカーや高頻度取引者はコスト増加のために関与を減らすこととなりました。

地元の取引所は、わずか10か月で国内取引所の取引量がこの税金により97%減少したとさえ述べています。

WazirXのCEOであるNischal Shettyは、ブルームバーグのインタビューで、暗号通貨業界と立法者との間でこの問題についての形式的な議論がないことを理由に、TDSのすぐの軽減に疑問を呈しました。

インドは暗号通貨の規制で遅れを取る

インドは今年、暗号通貨規制についての世界的な調整を呼びかけていますが、香港、ドバイ、欧州連合などの国々は独自の規制枠組みを確立することで先行しています。

これらの取り組みは投資家の保護とデジタルアセット企業への明確な基準を提供することを目的としており、一部の企業は増加する規制監視によりアメリカ以外の拡大を検討しています。

不確実性にもかかわらず、Shettyはインドがより好意的な暗号通貨政策に向けて一部の措置を講じるだろうと希望していますが、具体的な措置はまだ定義されていません。

TDSにより、多くのインドの投資家が国内の暗号通貨取引所から海外の取引所に流れています。

WazirXのライバルであるCoinDCXは、8月の報告書で、税金が発表された2月から同年12月までの間に、インドの取引所は200万人以上のユーザーを失ったと報告しています。

CoinDCXの推計によると、この期間に海外の取引所は150万人以上のインド人顧客を引きつけました。

「TDS導入の目的は失敗した」

CoinDCXの最高公共政策担当官であるKiran Mysore Vivekanandaは、CryptoNewsとのインタビューで、中央政府のTDS導入の目的は失敗したと述べました。彼は政府が資産クラスへの投資を阻止するために直接税を導入したが、インドでの暗号通貨の採用は増え続けていると述べました。彼はまた、彼らのデータによると、トップ5の外国取引所で18%のアクティブユーザーがインド人であることを挙げました。

以前に報告されたように、Chainalysisのレポートによると、インドはさまざまなパラメータで暗号通貨の採用をリードする国とされています。インドの暗号通貨取引量も世界第2位と報告されています。