インドのタタ・グループが英国政府と提携し、5億ドル以上を投資してバッテリー製造工場を建設する計画です

インドのタタ・グループは英国政府と提携し、5億ドル以上を投資してバッテリー製造工場を建設する予定です

インドの多国籍企業であるタタ・グループは、イギリスに電気自動車のバッテリーを生産する工場を建設する予定です。同社はこのギガファクトリーに40億ポンド(51.7億ドル)以上を投資すると報道されており、イギリスの電気自動車(EV)バッテリーの内製造と供給計画を支援します。

公式な政府の声明によると、この工場は直接的に4,000の新しい雇用を生み出し、プロジェクトの広範なサプライチェーンに関連して数千人の雇用も創出する見込みです。新しいギガファクトリーは40GWh(ギガワット時)の規模であり、ヨーロッパでも最大級のものの一つとなり、イギリスおよび欧州全体の自動車メーカーにバッテリー供給を確保します。イギリスの首相リシ・スナックは次のように述べています:

「タタ・グループがイギリスに新しいバッテリー工場に数十億ポンドを投資するということは、わが国の自動車製造業と技術熟練労働者の力強さを証明しています。タタ・グループがインド以外で初めてのギガファクトリーをイギリスに選んだことは、イギリスが電気自動車を製造する魅力的な場所の一つとしての地位を確保することになります」。

タタの工場は2026年に生産を開始し、Faraday Institutionの予測によれば、イギリスが2030年までに必要とするバッテリー生産の約50%を供給する予定です。報道によると、イギリス政府はプロジェクトを実現するためにタタ・グループに多くの譲歩を行っています。ただし、スナック首相や政府は具体的な詳細を提供していません。

タタの新工場は、イギリスのネットゼロ排出計画を支援します。イギリスは2030年までに新規のガソリン車およびディーゼル車の販売を停止する計画であり、2035年以降はこれらの車両の排出ゼロを目指しています。

タタの工場はテスラなどと競合

タタは現在、電気自動車メーカーであるテスラ(NASDAQ: TSLA)などと競合しています。テスラは昨年、ベルリンのギガファクトリーを正式に開設し、車両の納品を開始すると発表しました。テスラは最初にギガファクトリーの計画を2020年11月に発表し、2020年5月に建設を開始しました。

競争に関わらず、イギリスは2030年の目標に向けて努力しています。エネルギー保安担当大臣のグラント・シャップスによれば、新工場は燃料駆動車からの移行を支援します。

「数千の雇用が現地およびサプライチェーンで生まれるこの新工場は、自動車産業の基盤となり、メーカーの開発と拡大、および顧客のガソリン車およびディーゼル車からの切り替えを支えます」と彼は述べています。

タタの工場はフランスの新しいバッテリー製造ギガファクトリーとも競合しています。この工場はメルセデス、ステランティス、トタルエナジーの共同事業であるAutomotive Cells Company(ACC)によって開発されています。Automotive Cells Companyの工場には総額20億ユーロ(22億ドル)の投資が行われ、そのうち約半分はフランスの地方および州当局によって提供されます。

この工場は今年のうちにリチウムイオンの生産を開始し、初期容量は13GWhです。その後、工場の容量を40GWhに拡大し、年間最大50万台の車両を収容する計画です。さらに、Automotive Cells Companyの工場は2030年までに2,000の雇用を創出する予定です。