「インドは、今後のネイティブウェブブラウザーで暗号通貨トークンを使用する計画です」

インド、ネイティブウェブブラウザーで暗号通貨トークンを使用予定

インドの市民は、近々、暗号トークンを通じて文書にデジタル署名するオプションを持つかもしれません。この機能は、電子情報技術省が主導する国内ウェブブラウザ開発プロジェクトの一環として構想されています。

8月9日、同省はインドウェブブラウザ開発チャレンジの開始を発表しました。このチャレンジは、国内各地から開発者を「インスパイアし、エンパワーする」ことを目的としており、組み込み型の認証機関(CCA)インドルート証明書を備えた国産ウェブブラウザの開発を促進します。以下はその発表文の一部です:

「提案されたブラウザは、アクセシビリティとユーザーフレンドリーさにも焦点を当て、多様な能力を持つ個人の組み込み型サポートを確保します。」

この発表には、ブラウザに埋め込まれる暗号トークンを使用して文書にデジタル署名する機能が含まれています。

競技は3ラウンドで行われます。第1ラウンドでは参加者は18名に制限され、第2ラウンド後には8名に制限され、最終的な勝者には約3,400万インドルピー(約41.1万米ドル)が授与されます。

関連記事:インド最高裁、暗号通貨規制の遅延に対して連邦政府を叱責

インド政府は、最近の数か月間、特にテクノロジーと暗号通貨に関する規制の取り組みに積極的でした。G20として知られる世界最大の20か国間フォーラムで議長を務めながら、金融安定化理事会の暗号通貨のグローバルフレームワークに関する勧告を支持し、発展途上国の暗号通貨に関するガイドラインの策定に特別な注意を求めました。

8月には、インドの議会の下院が、ビッグテック企業に対するデータコンプライアンス規制の緩和を目的とした法案を承認しました。デジタル個人データ保護法2023は、Google、Meta、Microsoftなどのグローバルテック巨大企業や現地企業のためのデータの保存、処理、転送基準を簡素化するものです。

記事:ビットコインに対するジェイムソン・ロップの最初の印象は「洗練されてて逆行している」