イギリス財務省、5年間のデジタル証券トライアルに関する協議を開始

イギリス財務省が5年のデジタル証券トライアルの協議を開始

英国財務省が火曜日に公開した検討文書によると、デジタル債券や株式は、約5年間の軽減規制の恩恵を受けることができる可能性があります。

政府は、分散型台帳技術(DLT)をベースとした革新的な証券に対する新しい「サンドボックス」が市場をより効率的で透明性があり、弾力性を持ったものにすることができると述べており、2週間前に法律として署名済みの新しい規則の使用を開始したいとしています。

財務省の検討文書は、「デジタル資産の利用は、金融市場において真に変革的なものになる可能性がある」と述べています。「既存の規制上の成果を維持しながら、市場が安全な方法で利益を実現できることは重要です。」

財務省は、2023年金融サービス・市場法によって付与された新しい権限を謳っており、新技術によって証券取引が「既存の慣行と大きく異なる可能性があり、夜間や週末に運用されるか、数日後ではなく即座に決済されるかもしれない」と述べています。

最初の段階では、軽減措置は最大5年間適用され、最低限デジタル株式、債券、マネーマーケット証券に適用されますが、デリバティブやビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)などのバックアップのない仮想通貨には適用されません。役人たちは進化している規制フレームワークを指摘しています。

昨年、当時の財務大臣で現在の首相であるリシ・スナク氏は、英国を仮想通貨のハブにしたいと述べました。安定コイン、仮想通貨のプロモーション、英国中央銀行が発行する可能性のあるデジタルポンドに関する提案が続いていますが、業界は、競合する管轄区域と比べて大臣たちが行動が遅いと不満を述べています。

EUの画期的な仮想通貨資産市場規制は来年施行される予定であり、DLT証券取引のテストプロジェクトは既に実施されています。

財務省は、2022年8月22日までにデジタル証券サンドボックスに関する意見を募集しています。

編集:パリクシット・ミシュラ。