「イギリスは、FCAがより多くの規制権限を求める中で、暗号通貨企業により責任ある行動を求めています」

イギリスは、FCAが暗号通貨企業により責任ある行動を求める中で、より多くの規制権限を求めています

イギリスの金融行為監視機構(FCA)は現在、地域の仮想通貨企業に対する新しい要件を策定しています。規制当局によれば、企業が反マネーロンダリングの要件をクリアし、運営ライセンスを取得しただけでは十分ではないかもしれません。

そのため、FCAは仮想通貨企業の調整を促進する新しいルールの制定を目指しています。FCAは、木曜日に発表された年次報告書でこの計画を明らかにしました。

ただし、FCAはまた、新しい調整ルールがいつ発効するかは、財務省と議会がその活動を規制当局の権限の下に置くまで明確にならないと指摘しています。

現時点では、FCAがこの規制権限を受け取るタイムラインは不明です。

イギリスがグローバルな仮想通貨ハブを目指す

一方、FCAは既に投資会社に対して調整制度を導入しています。これにはイギリス全土に広がる資産運用会社、取引会社、さらにはファンドマネージャーも含まれます。

この制度では、まず企業が十分な資本を持っていることを確認する必要があります。次に、事業に対するリスクを特定し、十分な準備金を持って被害を軽減する証拠を示す必要があります。

付け加える価値があるとすれば、FCAは仮想通貨に関連する企業に対して用心するよう警告しています。これには、直接的または間接的に仮想通貨に関与する企業も含まれます。実際、規制当局は昨年、このような企業に対して「金融犯罪の濫用のリスクに対抗するための適切なシステムとコントロールを持つこと」を求める警告声明を発表しました。

興味深いことに、FCAは最近可決された金融市場法によって新たな規制権限を与えられました。そして、現在の状況では、規制当局は仮想通貨に関して国の主要な監視機関になる可能性があります。

さらに重要なことは、さまざまな規制の策定が国がグローバルな仮想通貨ハブを目指すためにも役立つということです。