イギリスの住宅市場が鈍化する中、住宅ローン金利が15年ぶりの高水準に達しました

イギリスの住宅ローン金利が15年ぶりの高水準に達しました

イギリスの住宅ローン金利が15年ぶりの高値に達し、住宅所有者にプレッシャーをかけ、住宅市場を鈍らせています。Moneyfactsのデータによると、住宅ローンの平均的な2年固定金利は現在6.66%に達し、7月10日の月曜日に記録した6.63%からわずかに上昇しています。去年の10月20日には、住宅ローン金利は6.65%でした。しかし、新しい金利は、イギリスの住宅所有者が2008年8月以来目にした最高水準を示し、住宅ローンの費用を20年近くで最も高い水準に押し上げています。

イギリスの住宅市場、今年初めに復活を試みる

この国の住宅市場は最近波乱の連続でした。年初には荒れたスタートを切りましたが、2023年初頭に回復を始めました。しかし、回復は一時的であり、住宅所有者や購入者は最近再び住宅ローンの痛みに直面しています。

イギリスの住宅ローン金利の上昇は、インフレの上昇やインフレを抑制するためにイングランド銀行(BoE)が利上げを続けるとの期待など、いくつかの要因によって引き起こされています。BoEは12月以来何度も基準金利を引き上げており、中央銀行はインフレを抑制するためにさらなる利上げを予定しています。

先月、BoEは基準金利を5%に引き上げました。この新しい金利は13年ぶりの最高水準となります。エコノミストたちは、年末までに基準金利が6%にまで上昇する可能性があると考えています。金利の上昇により、住宅ローン金利が急増し、家を購入するための融資がより高価になっています。その結果、住宅価格は下落し、住宅ローンの承認件数も減少しています。

専門家がイギリスの住宅ローン保有者にさらなる苦痛を警告

報道によれば、専門家は住宅ローンの費用上昇が住宅ローン保有者に重大な影響を与える可能性があると警告しています。投資および株式ブローカー企業であるAJ Bellの金融分析責任者であるダニー・ヒューソンは、火曜日に次のように述べました。

「住宅ローン支払い者は、固定金利更新日を恐れて進んで行進しています。」

彼女は市場の雰囲気が変わりつつあり、悪いニュースがより一般的になっていると信じています。

また、グローバル金融サービス企業であるEburyの市場戦略責任者であるマシュー・ライアンは、中央銀行が来年の最初の3か月で金利を約6.35%に引き上げると予想しています。

「金融市場では、現在の5%からUKの金利が約6.35%にピークになるとの見込みが反映されています。」と彼は述べました。

ライアンはまた、これが住宅ローン保有者に大きな影響を与える可能性があり、彼らは月々の支払いが増加することになると警告しました。

住宅所有者にとってはどういう意味ですか?

住宅ローンの費用の上昇は、住宅所有者に大きな影響を与える可能性があります。変動金利住宅ローンの場合、金利が上昇するにつれて支払いが増えます。一方、固定金利住宅ローンの場合、直ちに費用が増えることはありません。しかし、固定金利期間が終了すると、より高い金利に固定されることになります。

住宅ローンの支払いに苦しんでいる住宅所有者は、解決策を求めて自分の貸金業者に連絡するべきです。支払い休暇やリファイナンスなど、彼らを助けるためのオプションがあるかもしれません。