アーカムオンチェーンの「インテルエクスチェンジ」は、クリプトツイッターによって「スニッチ・トゥ・アーン」とラベル付けされています

アーカムオンチェーンの「インテルエクスチェンジ」は、「スニッチ・トゥ・アーン」とも呼ばれています

アーカムは、7月10日にBinanceのLaunchpadサービスを通じて新しいコインARKMの発売と共に、「世界初のオンチェーン情報交換所」と呼ばれるものを発表しました。

アナウンスに対するCrypto Twitterの反応は予想通り分かれており、アーカムの「ブロックチェーンの匿名性を解除する」という目的に対して否定的な感情が一部で生じました。多くの苦情の中でも、アーカムのインテルエクスチェンジを「スニッチすることで報酬を得る」とか「スニッチングサービス」と形容するものがあり、アーカムが中央集権的な情報機関としての役割を果たしているとの認識をめぐって批判が集まっています。

クソったれ。スニッチすることで得る部分に完全に反対しているわけではない(公共の利益のための分散型の告発Dappとして有用だ)が、提出された情報はアーカムに送られ、アーカムFndが中央仲裁者になる。誰かが契約をフォークして、これを分散化したらいい。https://t.co/hnfehiukd9

— Hudson Jameson (@hudsonjameson) 2023年7月10日

アーカムの発表スレッドで述べられているように、ブロックチェーンのスルースを情報ブローカーとして利用するためには数多くのポジティブなユースケースが存在します。しかし、提案されたビジネスモデルによる悪用の可能性について一部の専門家は懸念を抱いています。

アーカムによれば、ユーザーはブロックチェーン上の取引に関する情報について匿名で報酬を提示し、受け入れることができるとされています。報酬が完了すると、報酬を支払ったエンティティは90日間の独占的なアクセス権を得ます。初期の独占期間が終了すると、アーカムはデータを一般公開します。

ねえ、これで最も利益が出る使い方って、クジラのウォレットに報酬をかけて人を誘拐することじゃないの? そんな話は会議で出たの?

— farp (@farp_farp) 2023年7月10日

他のコメントでは、報酬のマーケットプレイスがクジラに対するターゲットを作り出す可能性について考慮した点について疑問が呈されています。

アーカムの発表とともに、アーカムはウェイトリストに登録したユーザーのメールアドレスをリークし、それをソーシャルメディアで共有したと非難されています。

絶対に笑いました。TWITTER上で共有されたすべてのARKHAMのリファラルリンクは、REFERRAL URL内のEメールを晒しています。 @inversebrahhttps://t.co/HM6veJOmNp -> [email protected] https://t.co/1INvtXLEva pic.twitter.com/m38VnNMS8k

— m4gicpotato ⟁ (@m4gicpotato) 2023年7月10日

明らかに、ウェブフォームはユーザーのメールアドレスを簡単なBASE64でエンコードしています。これにより、リンクを共有するTwitterアカウントとメールアドレスを関連付けることは容易なことです。このエンコードがミスではなかった可能性に関して、少なくとも一部の憶測が生じています。

あるTwitterユーザーは、その「doxing」が意図的であると宣言し、アーカムの「本当の目的は(大きなプレイヤーを想定して)doxすることであり、リファラルリンクを介して簡単にデコードできる方法はないのか」と付け加えました。

間違いない。ただ、それは意図的である必要があると言っているだけです。彼らの本当の目的はdoxすることであり(大きなプレイヤーを想定して)、リファラルリンクを介して簡単にデコードできる方法はないでしょう。ただし、これが早すぎる時期に公開されたものです。彼らに対して過大評価をしているかもしれませんが

— slizzle (@zlizzle) 2023年7月10日

この記事をNFTとして収集し、この歴史的な瞬間を保存し、暗号空間における独立したジャーナリズムを支援しましょう。