サイファーパンクのアイコンであるアダム・バックは、「ビットコインは次の千年紀のためのデジタルゴールドだ」と述べています

アダム・バックはビットコインを「次の千年紀のデジタルゴールド」と表現している

アダム・バックは、有名なサイファーパンクであり、ハッシュキャッシュの創設者である彼が先週、X上で大胆な声明を行い、ビットコインが次の千年紀の究極の価値保存手段として金を取って代わる可能性があると主張しました。

バックの発言は、ビットコインの変革的な潜在能力と、金などの伝統的な資産をしのぐ能力に対する彼の深い信念を反映しています。

バックはXの投稿で次のように述べています:

これらの言葉は、デジタル通貨の世界においてよく知られた人物であるアダム・バックが述べたものであり、暗号技術の発展において重要な役割を果たし、サイファーパンクの指導的存在として広く認識されています。

具体的には、彼の創造物であるハッシュキャッシュは、ビットコインの創設者であるサトシ・ナカモトが後に仮想通貨の基盤技術に取り入れたプルーフ・オブ・ワークの概念を築きました。

アダム・バックが将来の「デジタルゴールド」としてのビットコインを支持することは、最近の動きに沿った広い物語と一致しています。ビットコインは、希少性、分割可能性、検閲への抵抗性などの点で、金などの伝統的な資産に比べて価値の保管手段としての優位性が増しています。

中央銀行が前例のない金融緩和策を続ける中、ビットコインはインフレや経済の不確実性に対するヘッジとしての魅力が大きく高まっています。投資家、機関投資家、個人のみならず、ますます不確実な金融環境下で富を保護する手段としてビットコインに注目が集まっています。

バックのビットコインの長期的なポテンシャルに対する見方は、彼がサイファーパンク運動で歴史を持つこととも一致しています。サイファーパンクは、デジタルプライバシー、検閲に対する抵抗、金融主権の考えを提唱してきた人々の運動であり、分散化された性質と暗号化のセキュリティを持つビットコインは、長い間サイファーパンクが主張してきた原則の多くを具現化しています。

ビットコインが究極の価値保存手段として本当に金を取って代わることができるかどうかについての議論は続いていますが、アダム・バックの支持は重みを持っています。