今週の仮想通貨市場トレンドでなぜWorldcoin(WLD)とPEPEが支配的なのか

なぜWorldcoin(WLD)とPEPEが今週の仮想通貨市場で支配的なのか

ワールドコインとそのネイティブトークンWLDは、最近のCoingeckoのデータによれば、暗号通貨投資家の注目を集めています。プロジェクトは最近、ユーザーを「オーブへ訪れる」よう招待し、プラットフォームへのオンボーディングにより報酬を受け取ることができると発表しました。

WLDは、7月24日のローンチ時に約1ドルで取引されていた時からその価値が倍増しました。そのトークンは翌週には2.19ドルまで上昇し、その後はさまざまな角度からの論争の中で横ばいに推移しています。

WLDの価格は1時間チャートで横ばいに推移しています。出典: WLDUSDT Tradingview

ワールドコイン(WLD)が暗号通貨の傾向をリード

WLDに加えて、CoingeckoによればBitcoin(BTC)、Unibot(UNIBOT)、Chainlink(LINK)、HarryPotterObamaSonic10Inu、Pepe Coin(PEPE)など、他のトークンと一緒にトレンドしていることが示されています。BTC.Dチャートの暴落にもかかわらず、Bitcoinがこのチャートでリーダーの座にあります。

この指標は、ビットコインの時価総額のみで構成される暗号通貨の総時価総額の割合を測定します。このチャートが上昇すると、Worldcoin(WLD)やPEPEなどのアルトコインの価格が下落し、逆もまた然りです。

その意味で、WLDのローンチは小規模なトークンにとって好都合なタイミングでした。このプロジェクトは、異なる国々に散在するデバイスの一つで眼球をスキャンすることを望むユーザーに対して報酬を約束しています。

そのため、暗号コミュニティや規制当局からの批判を引き起こし、プロジェクトの正当性について既に調査を行っているものもあります。

Adam Cochranは自身のTwitter(X)アカウントで、WLDの周りのハイプが有機的なものなのか、マーケティング戦略によって作り出されたものなのか疑問を呈しました。Cochranは次のように書きました:

だから、ワールドコイン、またはオーブの運営者の何らかのグループは、動画のためにオーブの前で並ぶために本物の支払いを行っているプラントを雇っているのかもしれません。フィールドイベントマーケティングを行っている古いマーケティング会社の友人から連絡を受けましたが、ワールドコインは本物かどうか尋ねられました。

WLDが新興セクターで世界の注目を集めたのに対し、PEPEコインは2023年のトップトレンドトークンの王者です。Marketplace Fairnessによる調査によると、このトークンはフロリダ、カリフォルニア、テキサスを含むアメリカの50州のうち23州でトレンドしています。

この仮想通貨は数か月前にローンチされましたが、既にCardano(ADA)、XRP、Litecoin(LTC)、Dogecoinなどよりも多くの関心を集めています。これらのトークンのほとんどは2023年にアメリカの50州のうち2州でしかトレンドしていませんでした。