この取引所は、これまでに作成されたすべてのビットコインの5%を保有しています

この取引所は、作成されたビットコインの5%を保有しています

出典:アドビ/ prima91

Coinbaseは、ウォレットに約100万ビットコイン(BTC)を保有しており、現存するBTC供給量の約5%を占めています。

ブロックチェーンのインテリジェンスプラットフォームであるArkhamは、Coinbaseを世界最大のビットコインエンティティとして特定し、合計947,755 BTC(250億ドル以上)を保有していると述べています。

「これにより、CoinbaseはArkham上で世界最大のビットコインエンティティとなり、存在するすべてのBTCの約5%、つまりサトシ・ナカモトと同じくらいの量を保有しています」と、プラットフォームは最近のツイートで述べています。

さらに、ArkhamはCoinbaseに関連する3600万件のビットコインの預金と保有アドレスを特定し、ラベル付けしました。

取引所が保有している最大のコールドウォレットには、約10,000 BTCが含まれていると報告されています。

ただし、Arkhamは、取引所の財務報告に基づいて、Coinbaseがラベル付けや識別がされていない追加のビットコインを保有している可能性があると示唆しています。

ArkhamがCoinbaseが250億ドル以上の価値のBTCを保有していると主張している一方、CoinGeckoのデータによると、取引所が実際に所有しているのは約10,000ビットコインで、約2億ドルに相当します。

CoinbaseのBTC保有が賛否両論を呼ぶ

Coinbaseの大量のビットコイン保有についての情報は、暗号通貨コミュニティ内で賛否両論を呼んでいます。

一部の人々は、取引所が引き出しを停止する可能性があるまで待つことに警戒し、中央集権型取引所からビットコインを引き出すシグナルと見なしています。

Redditのユーザーの一人は、「CEXはコインを保持する場所ではなく、素晴らしい暗号通貨の機能を使用して、自分のコールドウォレットを自己管理するようにしましょう」と述べています。

企業によるビットコインの所有に関しては、ビジネスインテリジェンス企業であるMicroStrategyが最大保有者としての地位を保持しています。

同社の共同創設者であるマイケル・セイラーは、8月にMicroStrategyが152,800 BTCを所有しており、執筆時点で40億ドル以上の価値があると発表しました。

規制当局の監視が強まる中で、Coinbaseは業界内でのリーディングポジションを示しています。

今年に入ってから、SECはCoinbaseを未登録の証券の販売およびその他の違法行為で訴え、取引所が証券取引所として登録せずに運営していると非難しました。

SECの訴訟に続いて、最大の米国拠点の仮想通貨取引所は、11の米国州からショーコーズ命令を受け取りました。これにより、Coinbaseは州内での営業停止の理由を正当化する必要があります。

一方で、規制当局の監視にもかかわらず、Coinbaseは金利収入の増加により、第2四半期の収益の期待を上回っています。

また、取引所の株価は今年に入ってから急騰し、小売の関心の再燃やセクター全体の技術的な反発により、156%上昇しています。

なお、CoinbaseがバックアップするBaseブロックチェーンも最近注目を集めています。

報道によると、Baseはトータルバリューロック(TVL)の面でSolana(SOL)を上回っています。

BaseのTVLは、8月のローンチ以来、3億9732万ドルに達し、SolanaのTVL(3億5896万ドル)を上回っています。