「SECは正当な手続きを侵害している」−CoinbaseのCLOが訴訟の却下を求める動議について

「SECは正当な手続きを侵害している」とCoinbaseのCLOが訴訟の却下を求める

アメリカの仮想通貨取引所Coinbaseは、6月に証券取引委員会(SEC)に提起された訴訟を却下するよう申し立てを行いました。

8月4日、Coinbaseの弁護士たちは、米国ニューヨーク南部地区連邦地方裁判所に申し立てを行い、SECが仮想通貨取引所に対して一定の規制権限を主張する中で、「適正手続きに違反し、裁量権を乱用し、証券法の早期解釈を放棄した」と主張しました。法的チームは、SEC対Ripple事件の判決を引用し、その判決でXRPトークンが現行基準によるとほとんど証券には該当しないと裁判官が判断したことを示しました。

具体的には、Coinbaseの申し立ては、SECの訴訟で争われている12のトークンの取引が「投資契約」の定義に合致せず、取引所が未登録のブローカーとして運営しているという点に異議を唱え、委員会が行ったステーキングプログラムへの挑戦は「法的には失敗する」と主張しました。仮想通貨企業は、裁判所に訴訟を却下するよう求め、SECの執行措置が「罰則的」であり、議会によって与えられた権限の過剰な行使を示していると主張しました。

その判例を無視することで、SECは適正手続きに違反し、裁量権を乱用し、証券法の早期解釈を放棄しています。その判例を無視することで、SECは議会によって設けられた厳格な権限の範囲を逸脱しています。2/3

— paulgrewal.eth (@iampaulgrewal) August 4, 2023

関連記事: SECは書簡で、Coinbaseが証券法に違反していることを主張しています

SECは6月6日にCoinbaseに対して訴訟を提起しましたが、連邦規制当局からウェルズ・ノーティスを受け取った後、約3か月後のことです。同社は、自身の活動が証券法に違反する可能性があるとするSECの主張を一貫して否定しており、8月3日の決算発表の際に却下を申し立てると発表しました。

Coinbaseに加えて、SECはBinanceとHexの創設者であるRichard Heartに対しても執行措置を取っています。米国の議員達は、法律に署名されればデジタル資産に対する委員会の権限を再構築する可能性がある委員会を通じて最近法案を可決しました。

雑誌: Binance、Coinbaseが法廷に向かい、SECが67の暗号証券を指定:Hodler’s Digest, June 4-10