「DOJは、サム・バンクマン・フリード氏に対する選挙資金違反の告発を、バハマとの条約義務により取り下げる」

「DOJはバハマとの条約により、バンクマン・フリード氏の選挙資金違反告発を取り下げる」

出典:ゲッティイメージ

7月26日、司法省(DOJ)はFTXの創設者であるサム・バンクマン・フリードに対する選挙資金の罪状での起訴を「進めない意向である」と、連邦裁判官ルイス・A・カプランに通知しました。

この決定は、昨年のバンクマン・フリードの引渡し文書に記載されていた選挙資金の罪状に関してバハマとの協議の結果、行われたものです。

司法省は、サム・バンクマン・フリードに対する政治的寄付に関連する罪状のうちの1つを「条約の義務」により取り下げる理由として、バハマとの関係を挙げています。

2022年末に司法省は、バンクマン・フリードを8つの罪状で起訴し、さらに5つの罪状を追加しました。そのうちの1つは選挙資金法の違反とされています。

選挙資金法は政治的寄付に関連しており、候補者、政治委員会、寄付者、または他の組織に関与する個人や団体に対して罪状が提起されることがあります。

しかし、バンクマン・フリードの弁護団は、彼が最初に逮捕されたバハマが、米国の引渡し条約に基づいてこれらの追加の罪状に同意する必要があると主張しました。

その結果、ニューヨーク南部地区連邦地方裁判所のルイス・カプラン判事は、司法省にこれらの罪状を分離することを許可しました。

水曜日の法廷で、司法省は、2022年12月の逮捕時にバンクマン・フリードの引渡し文書に特定の罪状が含まれていたかどうかについて、バハマ政府からの明確な回答を待っていると述べました。

バンクマン・フリード、選挙資金法違反の告発を受ける

バンクマン・フリードは、アメリカの政治において最も大きな政治的寄付者の一人として知られています。

彼は2022年中間選挙前に候補者や政治活動団体に数百万ドルを不法に流す計画を通じて選挙資金法を違反したとされています。

バンクマン・フリードは18ヶ月間で7,000万ドル以上の選挙キャンペーンに寄付をしました。

彼は2022年中間選挙前に民主党とリベラル系団体を支援するために少なくとも4,000万ドルを寄付し、Center for Responsive Politicsによると、民主党のトップ寄付者の中でジョージ・ソロスに続いて2位にランクインしています。

起訴状によると、バンクマン・フリードは、彼の経営する投資会社であるアラメダリサーチの顧客資金を使って資金供給された政治的寄付を虚偽に報告したとされています。

さらに、連邦検察官は、彼が他人の名前でニューヨークの候補者や政治活動委員会に企業寄付を行ったと主張しています。

バンクマン・フリードの保釈条件の見直しと連邦検察官による最後の拘留要求

連邦検察官は、水曜日にFTXの創設者兼元CEOであるサム・バンクマン・フリードの拘留を要請しました。

最初は、バンクマン・フリードの保釈制限を厳しくし、特に法廷外での発言を禁止することを求めていました。

しかし、マンハッタン連邦裁判所での審理中、FBIのエージェントは彼を拘束する準備ができており、拘束以外の条件では公共の安全を確保できないと主張しました。

この要求は、バンクマン・フリードがニューヨーク・タイムズの記者とのやり取りを行った後に行われたもので、これにはFTXの姉妹会社であるアラメダリサーチの元CEOキャロライン・エリソンの個人的な文章の一部が含まれていました。

バンクマン・フリードとエリソンは以前交際しており、エリソンのアラメダでの仕事に影響を及ぼすような別れを経験しました。

連邦検察官は、バンクマン・フリードが証人を貶めるためにニューヨーク・タイムズに文書をリークしたと非難し、証人妨害の懸念を提起しました。

エリソンは昨年、取引所の崩壊に関連する罪状を認め、バンクマン・フリードと他の人々に対して証言する予定です。