「Coinbase Layer 2ベースのメインネットの開始日が発表されました-知っておくべきことはこれです」

「Coinbase Layer 2メインネットの開始日が発表されました知っておくべきことはこれです」

出典:DepositPhotos

米国に拠点を置く最大の上場仮想通貨取引所であるCoinbaseは、2021年8月9日から一般に公開するためのメインネットの開設計画を明らかにしました。

Baseは、Optimismと提携して構築されたOPスタック上に構築された、Ethereum(ETH)のレイヤーツーのスケーリングソリューションです。

取引所は木曜日に「次の1週間で、オンチェーンエコシステム全体でDappsがBaseのサポートを開始し、新しく立ち上げられるのを見ることができるでしょう」と述べています。

Coinbaseは、50の「ベストビルダー」、クリエイター、開発者がアート、音楽、ゲーム、アドボカシーを紹介できる1か月間のイベント「Onchain Summer」を開催します。

Coca-Cola、Atari、OpenSea、Pixelmon、そしてShowtimeなど、Coinbaseがリストアップした主要ブランドは、オンチェーンの非代替トークン(NFT)のデイリーミントを提供します。

Baseはリリースの中で「Baseは現在ブリッジングに対応しており、Baseメインネットは2021年8月9日に誰でもすべてに開放される予定です」と述べています。「私たちの目標は、どこにいても誰でも安全かつ簡単にオンチェーンエコノミーに参加できるようにすることです。」

Coinbaseはツイートで、「既にBaseでEthereum(ETH)を資金提供することが可能です」と述べています。

同社はまた、Base上でアプリを構築し創造する人々に対して、合計で100以上のEthereumの助成金(現在の時点で183,982ドル相当)を提供することも発表しました。

「助成金に加えて、私たちは他のSuperchainのメンバーと協力して、8月4日から18日までバーチャルハッカソン「Superhack」を開催します。ハッカソンでは総額125,000ドルの賞金が用意されます」と発表にさらに記載されています。

これがなぜ重要か?

Baseのメインネットの開設により、ユーザーは自分のイーサリアムをBaseにブリッジすることができます。イーサリアムブリッジにより、BaseのユーザーはCoinbaseとEthereumのブロックチェーン間でトークンを転送することができます。

これは以前は不可能であり、Coinbaseは7月に開発者アクセスをリリースし、Baseへのワンウェイトランザクションのみを許可していました。

Baseブロックチェーンは、ユーザーのスケーラビリティを促進し、トランザクションコストを削減するために設計されています。このローンチにより、ネットワーク全体の効率が向上し、広範なユーザーベースを受け入れ、イノベーションを促進することが期待されています。

さらに、CoinbaseのメインネットのローンチをCoinbaseが第2四半期(Q2)の収益を発表したタイミングと合わせる計画は、このブロックチェーンが同社の拡大においてどれほど重要であるかを反映しています。

Coinbaseと同様に、ベンチャーキャピタルの巨人であるアンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)もMagiのローンチに向けて準備を進めており、これは仮想通貨セクター内でのレイヤー2ソリューションへの関心と投資の高まりを示しています。