「Bitcoin.org」の匿名オペレーター、クレイグ・ライトとの法的闘争で匿名性を拒否される

「Bitcoin.org」の匿名オペレーター、クレイグ・ライトとの法的闘争で匿名性を拒否される

出典:ビデオスクリーンショット、YouTube、CoinGeek

ロンドンの高等裁判所の判事は、擬名のCøbraを含むBitcoin.orgの運営者は、自称Bitcoin(BTC)の発明者であるCraig Wrightによる法的手続きで、自身の身元を明かすか、莫大な法的費用に直面する必要があるという判決を支持しました。

2021年4月、WrightはCøbraに法的書類を提出し、Bitcoinのホワイトペーパーとデータベースの著作権を主張しました。

Wrightは、擬似的な著者である中本聡の著作権を所有していると主張していました。

Cøbraが裁判所に出廷しなかったため、判事はBitcoin.orgのウェブサイトからホワイトペーパーを削除するよう命じました。

Cøbraは後にWrightが法的費用として568,516.42ポンド(704,500ドル)を請求することに対して異議を唱えましたが、ロンドンの高等裁判所の判事は、匿名ユーザーが費用に異議を唱えるために自身の身元を明かす必要があると裁定しました。

Cøbraはこの判決に抗議しましたが、月曜日にロンドンの高等裁判所のリチャード・スミス判事は控訴を却下しました。

スミス判事は、個人の安全の脅威などの理由で当事者が匿名を求める合理的な理由がある一方、Cøbraが匿名である理由は「実現不可能であり、自然正義の原則自体を損なうリスクがある」と述べました。

Cøbraは、一般の人々だけでなく、裁判所や原告であるWrightに対しても匿名であることを求めました。

暗号コミュニティでは、著名なコミュニティメンバーや開発者、インフルエンサーを含む擬似的な人物が一般的です。

Wrightの法的代理人は、Cøbraが完全な法的費用を支払う必要があるかどうかを含む次の手続きについての命令を待っていると述べました。

WrightはBitcoinのホワイトペーパーに関連する世界中の複数の訴訟を続けています。

2022年、彼は仮想通貨取引所CoinbaseとKrakenを「Bitcoin Core」を実際のBitcoinとして誤った表示をしたため訴えました。Wrightは、本物のBTCは彼のBitcoin Satoshi Vision(BSV)であると主張しています。

さらに、Wrightは15人の開発者を訴え、111,000BTC(25億ドル相当)を取得しようとしています。ロンドンの控訴院のコリン・バース判事は、この事件の審理を許可しました。

4月には、WrightはAppleに対しても法的な戦いをほのめかし、同社のコンピュータにBitcoinのホワイトペーパーを保存することが著作権法に違反すると主張しました。

仮想通貨コミュニティは、WrightがBitcoinの創造者であるという彼の主張に長い間懐疑的であり、彼は過去にその主張に関する法的な挑戦に直面してきました。

一方で、Bitcoinの謎の創造者であるというWrightの主張に対する別の打撃として、最近の調査は中本聡が実際には集団の存在である可能性を示す証拠を提供しました。

証拠の一つは、Bitcoinのホワイトペーパーで「we」と「I」の両方が使用されていることであり、単一の擬似名のもとでチームが活動している可能性を示しています。

もう一つの証拠は、中本聡の文章の言語分析から得られます。

ホワイトペーパーは、正確な技術用語の使用や正確な言語による堅い英語を披露していますが、中本聡のフォーラムやメールのやりとりでの文章スタイルは異なるため、複数の個人が関与している可能性が示唆されています。