「なぜこの銀行のCEOは暗号通貨業界の99%が消えてほしいと願っているのか」

「銀行のCEOはなぜ99%の暗号通貨業界が消えてほしいのか」

ケイトリン・ロングは大胆で議論のある発言で、暗号通貨業界の99%を排除してレバレッジの蓄積を減らし、業界の将来の進歩を改善するべきだと主張しました。

持続可能性のために産業の大改革を要求されています

仮想通貨資産銀行会社であるカストディア・バンクの創設者兼CEOであるケイトリン・ロングは、仮想通貨業界とその実践について大きな変革を求めています。CEOは力強く、業界のわずか1%のみが運営を許可され、業界の99%が破壊され、業界の大多数の仮想通貨企業が「排除されるべき」と強く主張しました。

ベジンガとの激しいインタビューで、ロングは仮想通貨業界に対する彼女の物議を醸す見解について断固として述べ、業界には莫大な潜在能力があるとしながらも、高いレバレッジ取引活動を行う仮想通貨企業によって大きく後退させられていると述べました。

ロングは、自分と同じ考えを持ち業界の大部分を浄化する必要性を支持する著名な人物と積極的な議論を交わしたと述べました。

「私は著名な人物と議論をしました。私は『90%のこの業界はまだ消えなければならない』と言いましたが、彼はそれが99%だと言いましたし、それは正しいと思います。90%であろうが99%であろうが、要点はわかりますよね、まだ取り除かれるべきクソみたいなものがたくさんあるんです」とロングは述べました。

総時価総額は1.03兆ドルを維持しています | 出典: Tradingview.comの仮想通貨総時価総額

ロング氏、仮想通貨業界を1999年のテック株バブルと比較

ケイトリン・ロングは現在の仮想通貨業界を1999年のテック株バブルになぞらえています。特筆すべきは、テック株バブルはインターネットの普及と重なり、800%の投資増加を記録し、世界中の著名な企業から投資家を引き付けました。ピークに達した後、株式市場は740%下落し、多くの投資家や企業が破産し閉鎖されました。

ロングは、2022年の仮想通貨市場の暴落を1999年の株式市場の崩壊と比較しました。この暴落では、ビットコインは約70%、主要なオルトコインは80%から90%下落し、主要企業や投資家が破産しました。

彼女はまた、レバレッジを通じた取引活動を拡大しながら規制されていない取引所の運営を許している限り、仮想通貨業界は成功しないと述べました。

「これはある意味で1999年のテック株バブルの繰り返しであり、クソみたいです。そして成功しないし、クソみたいなものは取り除かれる必要がありますが、市場がそれを取り除いています」とロングは述べました。

ロングは、仮想通貨取引所に適切な規制がないことが仮想通貨スペースのリスクと課題を悪化させていると指摘しました。さらに、彼女は米国証券取引委員会(SEC)が最近業界の仮想通貨取引所に対する取り締まりを強化していることを支持していることを明らかにしました。

ただし、CEOは仮想通貨業界の完全な抹消を提案しているわけではなく、それを大部分取り除くことを提案しています。ビットコインについての彼女の見解を尋ねられた際、ロングは「価格にはあまり興味がありません。それはこの技術の最も興味深い側面ではありません。私はそれを技術としての側面により関心を持っています」と述べました。