「連邦報告書:シルバーゲート銀行が暗号通貨に致命的に巻き込まれ、審査官は肩をすくめた」という

「連邦報告書:シルバーゲート銀行の暗号通貨関与、審査官は困惑」という

Silvergate Bankは、連邦準備制度の監査官が警戒することなく、コミュニティーレンダーから急成長する仮想通貨銀行へと変貌しました。連邦準備制度監察官事務所(OIG)の報告書によると、この銀行は致命的なリスクを取ることができました。Silvergateは無名の存在から現れ、大手のより伝統的な機関からは疑念の目で見られていたデジタル資産セクターのための頼れる銀行でした。10年間、この銀行は主に単一産業の貸し手として運営されており、OIGはこの方針の変更によって、政府の監督機関が要求すべき異なる種類の登録が必要であったと結論付けました。また、銀行が昨年の仮想通貨の混乱によって顧客を失った後、その前に連邦準備制度の監査官が対処するのが遅すぎたいくつかの問題がありました。

報告書は、「銀行の未受け入れ成長、不安定な資金調達と預金集中、および主要な管理機能の著しい、普遍的かつ持続的な弱点を考慮して、監査官はより積極的かつ明確な監督措置を取るべきであった」と結論付けました。

銀行規制によれば、Silvergateがフルタイムの仮想通貨に転換した際には、連邦準備制度に申請を提出する必要があったとOIGは結論付けました。しかし、カリフォルニアの銀行の監査官は、まだ預金を受け入れ、顧客に融資を行っているため、Silvergateは標準的な商業銀行のままであり、全面的な戦略の変更に合わせた新しいリスク防護策を設定するよう求められることはありませんでした。

報告書によると、Silvergateの問題は「無力な」シニアマネジメントにも広がっており、ネポティズムに悩まされていました。ネポティズムの具体的な告発には触れられていませんが、元CEOのAlan Laneは、家族のメンバーを重要な役職に雇用したことで厳しい批判を浴びていました。

報告書は、「銀行の企業統治とリスク管理の能力は、銀行の急速な成長、増加する複雑さ、および変化するリスクプロファイルに遅れを取っていた」と結論付けました。

自発的な清算への移行により、Silvergateは厳密には破綻しておらず、預金者への政府の介入は必要ありませんでした。

OIGは、連邦準備制度の監査官が将来同様の状況にどのように対処すべきかについて、いくつかの内部的な提案を行いました。また、連邦準備制度理事会は、焦点を変える急成長銀行に関する新たな拡大ガイダンスの開発に同意しました。

詳細はこちら:Silvergateの仮想通貨崩壊はシリコンバレー銀行とは異なり、救済措置はなかった