「債務者のデジタル資産を保護するための法案についてブラジルで議論が行われています」

「ブラジルでは、債務者のデジタル資産保護に関する法案が議論されています」

Pexels

ブラジルの議員は、取引可能な財産としての認識を受けて、債権者のための債務者保護資産のリストに仮想通貨を含める動きをしています。

最近、ブラジルは債務者の資産差し押さえを減らすための大きな変化に着手しており、これは債権者との債務の解決を意味しています。

もともと、議会の憲法、司法、市民権委員会で審議されている法案番号4.420/2021にはデジタル資産は含まれていませんが、別の動きがあり、保護リストに資産クラスを含めることを検討しています。

ブラジルは、民事訴訟手続きの方法と両当事者の権利を特に改正したいと考えています。提案された改正案では、債権者の代理としての差し押さえから債務者の財務的な節約を最低賃金40倍分まで保護することになります。

9月15日、フェリペ・フランシシーニ議員が、フェルナンド・マランゴーニ議員の提案により、デジタル資産を保護される資産クラスの一部として含めることに合意したことを公表しました。

「今日、人々の投資行動は変わり、伝統的な貯蓄口座は他の金融投資形態に対して地位を失っています。」

この最新の動きは、大統領によって中央銀行に与えられた指示によるものであり、デジタル資産およびその発行企業を規制するものです。

この法律により、ブラジルは南米でのWeb3の新興市場となり、デジタル資産の枠組みが導入されました。

この法律では、暗号通貨を「電子手段を通じて取引または転送できる価値のデジタル表現であり、支払いや投資に使用されるもの」と定義しています。

ブラジルのプロ仮想通貨姿勢が成果を上げる

近年、ブラジルは業界に対して積極的な姿勢を維持し、ブロックチェーンベースの企業の流入や国内での資産の採用の増加が見られています。

ブラジル国税庁によると、ブラジルには約320万人の仮想通貨利用者がおり、仮想通貨を利用するビジネスは8万9000件を超えています。ブラジルは仮想通貨の認知度の面でも世界的に高いランキングを誇っています。

ブラジルでは南米最大の仮想通貨取引所であるMercado Bitcoinが運営されており、Crypto.comやCoinbaseなどにライセンスも与えられています。

Coinbaseは最近、友好的で確かな規制のため、ブラジルを魅力的な投資先とみなす外国の管轄地の一つにリストアップしました。

しかし、肯定的な展開にもかかわらず、政策ウォッチャーは海外で保有される仮想通貨への課税の増加を国の成長にとって悪い兆候として指摘しています。

多くの人々は、これを仮想通貨への支持の結果と見なしており、ナイジェリアや他の国々の金融法に仮想通貨への課税が追加されたことが影響していると考えています。