「バイナンスのCEOはBAMマネジメントから2億5000万ドルの融資を受けていないと否定し、それは「逆のこと」と述べる」

「バイナンスのCEOは、BAMマネジメントからの2億5000万ドルの融資は受けていないことを否定し、それは逆のことだと述べた」

出典:Adobe

BinanceのCEOChangpeng Zhaoは、Binance.USの持株会社であるBAM Managementから2億5000万ドルの融資を受けたという主張を否定し、実際は逆だと述べています。

暗号通貨の責任者は、水曜日のツイートで「数ヶ月前にBAMに2億5000万ドル貸し付けた。逆はない」と述べました。CZはさらに、まだその融資を回収していないと主張しています。

この論争は、暗号通貨メディアのDecryptが関連する訴訟に関連する裁判所文書を分析した報告書に続いて発生しました。

報告書では、Binance.USの法務チームが文書に書いたとされる内容によれば、BAM Management US Holdingsが12月にZhaoに対して2億5000万ドルの転換社債を発行したと報じられています。

その後の記事では、ZhaoがBAMに2億5000万ドルを貸し出したという事実を反映するように更新されました。

Zhaoは報告書に不正確な情報があったことを認めつつも、具体的にどの詳細が間違っていたのかは明言していません。

6月には、SECがBinanceとそのCEOに対して「連邦証券法の明らかな無視」として13件の訴訟を提起しました。訴訟では、BinanceがBNBトークンやBUSDステーブルコインを含む未登録の証券を一般の人々に提供することで法律に違反していると主張されています。

Binance.USは非訴訟文書でSECの不正行為の主張を否定し、共同資金の証拠やBinanceのCEOであるChangpeng Zhaoの支配、顧客資産の流用はないと主張しています。

現時点では、SECは取引所から情報を入手することに苦労していると何度も主張しています。

そのため、SECはBinanceに対して役員の証言をより利用可能にし、詳細な情報を提供するように求める動議を提出しました。

しかし、最近の審理で、裁判官は現時点では査察要求を認めることに消極的な様子を示しました。

Binanceのビットコイン取引量が急激に減少

Binanceは、継続的な規制監視の中でビットコインの取引量が大幅に減少しています。

報告によると、9月初め以来、同プラットフォームのビットコインの7日間平均現物取引量は57%減少しました。

さらに別の報告によれば、Binanceのシェアは2月から6月までの期間に25%縮小しました。

ビットコインの取引量の低下は、Binanceへの規制圧力と密接に関連しています。

アメリカ以外でも、フランス当局は先月、Binanceのフランスオフィスを訪問し、デジタル資産サービスの違法提供と重大なマネーロンダリングの疑いを調査しています。

さらに、ナイジェリアの証券取引委員会(SEC)からは、同国での運営を停止するようBinanceに命じる通達が出されました。

Binanceはベルギーやオーストリアなど、複数のヨーロッパ諸国で規制の課題に直面しており、EUの今後の暗号資産市場(MiCA)規制に準拠する準備を進めています。