「オンチェーンツールで暗号通貨を押収することは純粋主義者の悪夢ですが、CEOにとっては必須です」と述べました

「オンチェーンツールで暗号通貨を押収することはCEOにとって必須」と述べました

レイヤー1のブロックチェーンJuratの創設者は、彼のプロトコルを潜在的な批判者から守り、オンチェーンでの法的執行は暗号通貨の大規模な採用には必要なトレードオフだと主張しています。

8月8日、米国地方裁判所は、Juratのオンチェーン執行ツールを使用して、いくつかの制裁を受けた個人の暗号通貨アカウントをロックしました。これらの個人は、マネーロンダリングおよび身代金ウイルスを使用して北朝鮮の兵器プログラムの利益のために暗号通貨の支払いを強要するために制裁を受けました。

ある裁判所が連邦訴訟で最終判決を言い渡し、裁判所が@JuratNetworkを使ってその命令をオンチェーンで執行しました!裁判官はロシアと北朝鮮のハッカーがアカウントにアクセスできないように命じました。これにより、$JTCは@USTreasuryに準拠した最初の暗号通貨となりました…。

— Mike Kanovitz (@MikeKanovitz) August 8, 2023

Cointelegraphに対して語ったJuratの創設者兼CEOであるMike Kanovitzは、この司法命令がその種の初めてのものであると述べています。

Juratブロックチェーンは2022年末にBitcoinブロックチェーンのフォークによって立ち上げられました。この技術は、ブロックチェーンノードを裁判所の公判記録に接続して、裁判所の命令を執行するものです。

Kanovitzは、このような技術は分散化の熱烈な支持者から批判を浴びる可能性があると認めています。

「一部の人々は哲学的な純粋主義者であり、それを嫌うと主張するでしょう。それは理解できます」と彼は言います。

ただし、このイリノイ州の弁護士は、このような技術がデジタル資産に必要な適正手続き保護をもたらすことができ、主流の採用に重要な役割を果たす可能性があると述べています。

「現在、オンチェーンでの効果的な法執行が存在すべきではないと考えている一部の人々は、ハッキング被害を受けたり、詐欺に遭ったり、プライベートキーを失ったりした場合、考えが変わるかもしれません。そして、彼らは自分の資産を回復できることに安堵するでしょう」と彼は説明しています。

2023年上半期には、ブロックチェーンセキュリティ企業Beosinの6月30日の報告によると、6億5600万ドルの仮想通貨が詐欺、ハッキング、ラグプルによって失われました。

H1 2023 Web3セキュリティ統計Web3のハック、フィッシング詐欺、ラグプルからの損失は、2023年上半期において総額6億5550万ドルに達しました。そのうち、108の攻撃 -> 4億7143万ドルフィッシング詐欺 -> 1億800万ドル110のラグプル -> 7,587万ドル pic.twitter.com/8Q9kmDETfQ

— Beosin Alert (@BeosinAlert) June 30, 2023

「それは、潜在的な採用者を恐れさせ、政府関係者の怒りを買う無法さを抑えるだけでなく、商業にとっても信じられないほどの有用性を引き出すことができます」と彼は付け加えました。

関連記事: MetaCourtのIDOローンチ:Web3法的サービスにおけるパラダイムシフト

今まで、裁判所は仮想通貨の資金を凍結および差し押さえるための手段が限られていました。よく使われる手法は、中央集権型の仮想通貨取引所に資金を凍結させたり、容疑者の識別情報を提供させたりすることです。

しかし、オンチェーン執行ツールは、JTCのブロックチェーンとソフトウェアノードをユーザーが選んだ裁判所と接続することで機能します。

訴訟中、各当事者は裁判所に対して、その側が裁判所に行ってほしいことに対する競合するハッシュを提供します。判決が下されると、裁判所は単に勝利した側のハッシュを貼り付け、ソフトウェアノードはオンラインの裁判所記録にアクセスすると自律的に命令を実行します。

The court attached the Jurat ID’s which JCT’s blockchain nodes then read to block the private keys of the defendants on the JCT Blockchain. Source: Jurat. io.

Kanovitzは、このツールは現在アメリカ合衆国でのみ機能し、JCTブロックチェーンにのみ適用されると述べていますが、将来的にはJCTの技術を他のEthereum Virtual Machine互換のブロックチェーンにも導入したいとの希望を抱いています。

関連記事: 「道徳的責任」- ブロックチェーンは本当にAIへの信頼を向上させることができるのか?