「オルトコインシーズン」はいかがですか? XRPの勝利後、ビットコインの支配が低下します

「オルトコインシーズン」はどうですか?XRPの勝利後、ビットコインの支配が減少します

リップルが米国証券取引委員会に対して一部勝利を収めたことにより、ビットコイン(BTC)の優位性が揺らぎ、アルトコインの価格が一時的に上昇し、BTCの優位性が50%を下回る結果となりました。

トレーディングビューによれば、2023年7月14日のアジア取引時にビットコインの優位性(ビットコインが総暗号通貨市場のどれだけを占めているかを示す指標)は49.76%に低下しました。

数週間前、ビットコインの市場支配力は2年間の不振期間を経てようやく50%を超え、主要金融機関からの現物ビットコインETFの申請ラッシュの中で上昇しました。過去24日間、ビットコインの優位性は51%から52%の間で推移していました。

BTC市場支配力。出典:Tradingview

ビットコインの優位性の最近の低下は、仮想通貨コミュニティが「アルトコインシーズン」の復活を叫んでいる中で起こりました。

リップルの裁判勝利により、XRPトークンは83%急騰し、一時的に時価総額で4番目に大きな仮想通貨資産となりました。現在はバイナンスコイン(BNB)と争って5番目の位置にあります。

アルトコインシーズン

— Carl From The Moon (@TheMoonCarl) 2023年7月13日

この動きは、リップルの勝利を活発に祝っている仮想通貨コミュニティのメンバーにも注目されました。

SECによって証券とされると主張されているいくつかのアルトコインも、2023年7月14日には2桁の上昇を見せました。

XRPは証券ではないと宣言されました。ビットコインの優位性: pic.twitter.com/veZDJTHQlu

— Will Clemente (@WClementeIII) 2023年7月13日

イーサリアム(ETH)は3ヶ月ぶりに8%の急騰を見せ、2,000ドルを突破しました。一方、カルダノ(ADA)は25%もの大幅上昇を記録し、執筆時点の価格は0.357ドルに達しました。

SECによって証券とされる別のトークンであるソラナ(SOL)は34%上昇し、執筆時点の価格は29ドルに達しました。一方、ポリゴン(MATIC)は20%上昇し、0.854ドルで取引されました。

リップルのコードベースのフォークとして2015年に立ち上げられた支払いネットワークのステラルーメン(XLM)は、このニュースにより50%以上急騰しました。

関連記事:SECの取り締まりを生き残るアルトコインはどれか? ビットコインのオリジナルガイが解説

しかし、このアルトコインの上昇相場が持続可能かどうかはまだわかりません。長期的な視点では、仮想通貨市場は範囲内に収まっていることが示されています。

執筆時点では、BTCの優位性は50日移動平均線をわずかに上回る50.11%に戻っています。この資産は1日あたり3.5%の上昇で最高値の31,686ドルを記録しましたが、アルトコインの方がパフォーマンスが上回りました。

マガジン:ダムメームコインに賢い人々が投資する方法:成功のための3つのポイントプラン