「イギリスの暗号通貨ロビーグループがFCAのインセンティブ禁止措置の影響について懸念を表明 – 何が起こっているのか?」

「イギリスの暗号通貨ロビーグループがFCAのインセンティブ禁止措置に懸念 - 何が起こっている?」

出典:AdobeStock / Iakov Kalinin

英国の暗号通貨業界団体が、金融行為監督機構(FCA)によるインセンティブ禁止の提案に対して懸念を表明しています。

暗号通貨のロビーグループであるCryptoUKは、FCAによる暗号通貨広告とプロモーションの規制制度に関する回答を提出しました。この制度には、無料の非代替トークン(NFT)やエアドロップなどの暗号通貨インセンティブの禁止が含まれています。

この提案に対して、暗号通貨のロビーグループは、この禁止が英国の企業が海外に移転する可能性があると懸念しています。

新しい広告制度は、10月8日に発効予定です。

FCAの提案に対して、CryptoUKは、消費者保護のためのルールの必要性を理解している一方で、禁止の一部が企業の競争力と商業性を損なう可能性があると強調しています。

「FCAは、禁止などのルールの一部が企業の商業性と競争力を損なう可能性があることを念頭に置くべきです。これにより、企業が英国外に事業を移すという意図しない結果が生じる可能性があります」とグループは述べています。

英国は6月に、ブレグジット後の金融規制改革の一環として、暗号通貨とステーブルコインを規制する法律を可決しました。

この新法、通称「金融サービスおよび市場法案」は、規制当局にデジタル資産セクターのための特別な枠組みを確立する権限を与え、暗号通貨の「英国での安全な採用」を支援しています。

FCAはその後、セクターのリスクを適切に規制することを目指していると述べています。

CryptoUKは、暗号通貨の広告は公正かつ透明であるべきだと同意していますが、FCAのルールに関するガイダンスにはさらなる明確さが必要だと考えています。

グループは、金融プロモーションに何が含まれ、英国外のプロモーション活動がどのように監視されるのかについて追加情報を要求しています。

「ガイダンスは限定的な性格を持っており、暗号資産市場に適用されるFCAの期待とその適用方法についてのより詳細な例を提供すべきです」とCryptoUKは手紙で述べています。

「私たちは、ガイダンスを拡充し、暗号資産市場に適用されるFCAの期待を明確に示すより詳細な例を提供すべきだと考えています。」

英国中央銀行はシステム的なステーブルコインに焦点を当てる

今週、英国中央銀行はシステム的なステーブルコインに関する協議への回答を公開し、システム的なステーブルコイン制度への取り組みを継続する意向を示しました。

協議書では、規制当局が連携した取り組みをメモランダムで明確に示し、フレームワーク内で各規制機関が果たす具体的な役割を明確にすることが推奨されています。

これにより、金融安定性への懸念がある場合に、BoEがFCAに対してシステム的な機関への対策を取ることを妨げる権限が与えられます。

昨年、英国は既存の規制にシステム的なステーブルコインを適用し、顧客資金の回収と円滑な運営を確保することを目的とした一連の協議を公開しました。