「ビットコイン価格はこの1930年代のチャートに従い、なぜBTCが引き続き下落する可能性があるのか」

「なぜBTCが引き続き下落する可能性があるのか」

ビットコイン価格と仮想通貨市場にボラティリティが戻ってきましたが、現在は価値が数日間で急落し、熊の優勢です。新興セクターは横ばいで動いていましたが、清算の連鎖が価格を重要なサポートレベルに押し込みましたが、もしBTCが予言を実現するなら、さらに悪い状況になるかもしれません。

執筆時点では、ビットコイン価格は26,100ドルで取引されており、過去24時間で横ばいの動きをしています。過去1週間で、BTCの価格は現在のレベルの高いところでのサポートを失った後、26,000ドルに修正されました。

BTCの価格は日次チャートで下向きのトレンドです。出典:BTCUSDT on Tradingview

ビットコイン価格にはまだ最悪が待ち受けているのでしょうか?

Bloomberg IntelligenceのシニアコモディティアナリストであるMike McGlone氏は、ソーシャルメディアプラットフォームXでの分析を共有しました。そこでは、アナリストはビットコインを「史上最高のパフォーマンスを示す資産の一つ」と分類し、この暗号通貨は10年未満で100ドルから約70,000ドルに上昇しました。

同時に、McGlone氏はビットコインの価格チャートと1930年代の株式市場チャートの類似点を指摘しました。この時期、アメリカ経済は最悪の歴史を経験し、一連の経済改革が行われました。

両セクターを比較すると、McGlone氏は米連邦準備制度理事会(Fed)が金融政策を変更するとビットコイン価格が潜在的に下落すると予測しました。以下のチャートで見られるように、金融機関はインフレを抑制するために利上げを行っています。

出典:Mike McGlone on X

その結果、BTCの価格は流動性が金融市場から離れ、不確実性が高まることで下落しています。一般的な信念とは異なり、Bloomberg IntelligenceのアナリストはFedが金融政策を失った場合、さらに暗号通貨が下落すると予想しています。McGlone氏は以下のように説明しています:

史上最高のパフォーマンスを示す資産であり、先行指標であるビットコインは、1930年の株式市場に似たような状況にあります。統計学者で起業家のロジャー・バブソンは、1929年に経済学者のアーヴィング・フィッシャーが「永遠の高台」と宣言する前に、高い株価に対して警告し始めました。Fedはバブソン氏と同様の立場への傾斜を示しています。

上記のアナリストは、BTCから米国債券などの政府系金融商品に資金を移すことで投資家にもたらされる潜在的な利益の増加に焦点を当てています。現在の環境が続く限り、アナリストはBTCが「主に下方バイアスを示す」と結論付けています。

短期的な時間枠では、BTCの価格はまだ横ばいで取引が続いており、先週の清算の連鎖からの傷をなめています。暗号通貨が類似の価格変動を経験したのは2022年末であり、回復が可能になるまで数週間の横ばいの価格変動が続きました。

カバー画像はUnsplashから、チャートはTradingviewから。